« ハンドクリーム | トップページ | 納豆 »

2004/10/27

買い物依存症

 私を知る人は知っていると思う。私の口癖を。
「金がない!」
 理由も皆知っていると思う。激しい浪費癖のせいでお金がないってこと。
 小さな積み重ねから高額商品までいろいろとお金を使う使う。欲しい物がたくさんあってしょうがないのだ。買うと次が欲しくなるし、しばらくすると新たな趣味を見つけてしまいそっちにお金をつぎ込むようになる。物欲が打ち切られることはない。子供の頃から欲しかったものが手に入ると、嬉しくて枕もとに置いて一緒に寝てた。そんなに気に入っているのにもかかわらず、しばらくすると他のものが欲しくなってしまった。
 以前勤めていた会社は自宅の近くだったので寄り道するほど店がなかったのだが、たまに遠出するとパーッと使ってしまっていた。ほとんど着ることがない高い服を、カードでポンっと。ふりふりのお姫様のような服、私に似合うわけもない。それでも店員は笑顔で「お似合いですよ」と言ってくれる。嘘だとわかっていても、その瞬間は楽しかった。その時間の為にお金を払う。店員に見送られながらかさばる大きな袋を提げて帰る私の心の中は闇のように暗かった。
 普通の洋服が欲しくても、若者向けのショップに入ると全く店員に相手にされない。いらっしゃいませも言われない。試着させてほしいと頼んでも適当な理由をつけて断られる。閉店まで30分あっても「もうお終いですから」、私の体型を見て「あいにくMサイズまでしか取扱がないので」…と。なんかね、私がそのブランドの服を着るとブランドのイメージが悪くなるみたいなんだよ…。そして、試着したら私の汚れが付くと思われてるみたいなんだよ。確かに脂ぎってて、髪なんて毎日洗ってるのに汚く見えるけど。…とにかく、普通の店では客扱いされない。マイナーなブランドの高い服屋の店員に親切にされて、似合わない、着もしない服が増えていくんだ。
 そんな劣等感の強い私だからこそ、化粧品収集にもお金を使っている。顔は悪いが肌は綺麗になりたい。前は国産ブランドの高い化粧水等を買っていたが、近頃は自然派のものを買い集めている。使い比べてみたいと思うと、どうしても細々と買ってしまう。一度に買わないで、1日1品1000~3000円の範囲でちょこちょこと。欲しいものを探して歩くの楽しいのでいろんなとこに行く。そこで新たなものを発見してしまい、今度はそっちに気持ちが行ってしまう。電車の中でも買うことばかり考えている。買わないとイライラする。買うとホッとし、しばらくして落ち込む。毎日その繰り返し。
 化粧品はまぁ使うからいいとして、着ない服は宝の持ち腐れ。毎日部屋で目にする度に切なくなる。
 服よりも性質が悪い宝の持ち腐れはバリトンサックスだ。2000年の夏、たまたまテナーサックス(この楽器も学校卒業後、お金もないのにローンで買った)のエキストラで出た定期演奏会に、たまたまバリトンの人がいなかっただけで、突然思い立ってバリトンサックスおよそ90万円をローンで購入し、それからほとんど吹いてない。一応その演奏会含めて4回はこの楽器を使用して本番に出たが、普段吹いてあげる機会がない。ソプラノサックスも、たまたま曲中のソロで使うからと本番前に突然買ってしまったものだ。ソプラノは今でも四重奏で大活躍しているのでいいとしよう。
 そして、本番前に突然マウスピースやリガチャーを毎回買い換えたりしてまた金欠になっていくのだった。今週土曜、壊れたリガチャーの代わりになるものを買いに行く予定だ。

|

« ハンドクリーム | トップページ | 納豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55374/1786560

この記事へのトラックバック一覧です: 買い物依存症:

« ハンドクリーム | トップページ | 納豆 »