« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004/11/30

ダメな自分を語る

 私が初めて精神科に行くことになったのは4年前だったと思う。朝起きると腹が痛い。内科で診てもらったけど、特に異常は見つからなかった。そして心療内科に行くことになったが、すぐに通院を止めてしまった。その後、会社に行くのがどうしても辛くなり、近くのメンタルクリニックにお世話になることになった。
 朝起きられない、朝起きるとお腹が痛い、会社に行きたくなくて準備が遅くなる。会社に行けばミスばかり、社内で怒られ、お客さんにも怒られ…。前にも書いたように、私は精神的に下痢をしやすい。会社のトイレは男女分かれてない上、社員もお客も同じトイレだった。しかも窓口に、薄っぺらい戸のトイレが1つあるだけ。もうそれだけでストレスだった。昼食時は自転車で10分の自宅に戻り、ご飯を食べ、トイレに行く。会社では水分を摂らない。体調を悪くするのは当たり前だった。それでも3年半勤めた。もう限界だった。
 会社を辞めた後は1年無職だったが、その間ストレスから開放されて、体調も良くなった。クリニックに行くのも馬鹿らしくなったくらい、元気になっていた。当時知り合って間もなかった吹奏楽団の仲間に支えられて自分は立ち直れたのだった。
 あれからまた4年経ち、今度は楽団のことで頭を悩ませているうちににっちもさっちもいかなくなってしまった。
 自分の苦手なジャンルのソロをやらなければならなくなった。指揮者がいない日の合奏を仕切らないといけない。いつもだったら普通に頑張っていればこなせることだった。楽器の音がまともに出なくなった。指揮を振っている時、音が耳に入ってこなくなった(手は動いているのだが、気付いたら曲が終わってた)。そして団員との衝突も増えた。指揮者が不在で私が代わりに指揮を振る日は、団員の出席率が悪かったことに腹を立てては喧嘩腰になって、ことあるごとに「楽団なんか辞めてやる」と言っていた。本当に全ての団員から嫌われていて、自分なんていらない存在なんだと思った。こんな自分が指揮したりソロやったりなんてできるはずがない、と思っていた。本番でソロを失敗したら死んでしまうような気がしていた。だから練習しないといけない、という強迫観念に囚われた。
 一時凌ぎはできてもすぐ元に戻る。常に不安定な気持ちだった。とことんマイナス思考だった。鏡で自分の顔を見ても吐き気がした。
 演奏会前、不眠(というか、寝ても寝られてない)と鬱状態で精神科に行ってみた。そこでパキシルを処方されたが、ネットでパキシルのことを調べると怖いことばかり書いてあったので飲むのを躊躇っていた。飲むのを我慢して、演奏会まで耐えた。いっぱいいっぱいで、自分の演奏がどうだったかなんてわからなかった。
 演奏会が終わった次の日、どうしようもない空虚感に襲われた。そして薄っすらと自分の演奏を思い出した。私のソプラノサックスのソロに、アルト、テナー、バリトンの伴奏。自分は仲間に支えられていた。そして少し泣いた。今までそんな大切な仲間にひどいことをしてきたんだ。
…その夜からパキシルを飲み始めた。
 私は抑うつ神経症と診断された。本当にそうなのかどうかは知らない。もしかしたら境界性人格障害かもしれないと疑っている。特に周りを振り回してしまうところなんかが…。狂言退団、狂言自殺…本当に迷惑かけてきた。自分の体を傷つけることはしないが、自分の心を自分で壊そうとした。思い返せば買い物依存症も自傷行為の一つだった。
 最近は、カウンセリングも受け始めた。これから私の心が少しずつ明かされるのだと思う。

境界性人格障害については
http://homepage1.nifty.com/eggs/
を参考にして下さい。私のことを知っている人はこれを見て「あぁ、やっぱり」って思うのかもしれない。
 ちなみに今は薬のおかげで深く悩まずに生きている。風の噂で「ズマさん最近明るくなったよね」と聞いたときは嬉しかった。でも、本当の私はやっぱりマイナス思考のままだった。

 どうでもいいけど長い文章だなぁ…

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/11/29

時間がない、お金がない!

 時は金なり、とは良く言う…でもいつも私には時間もお金もない。ついさっきまであったのに、気付くともうない。一体自分はこの時間に何をしていたのか? 財布に入ってた1万円は何に使ったのか? はっきりと1つだけを答えることは出来ない。何故なら、塵も積もれば山になるからだ。細かいこと過ぎて、思い出せないのだ。
 カウンセリングで、1ヶ月間「お小遣い帳」と「今日の行動時間割」を作る宿題を出された。ところがもうここ3日くらい時間割を書き忘れている。もう何をしたか覚えてない。正直、ここ数日ブログのことも忘れてた。
 最近、通勤経路を変更した。以前は私鉄から地下鉄に乗り換えてさらにバスで会社の近くまで…という経路だった。新しい行き方は通常の経路よりも10~15分くらい多くかかるが、私鉄のみの定期券は安く済むので少し節約になる。都心に向かう地下鉄は、電車の本数は多いけどいつも混んでいる。新経路はほとんど座れて楽だ。座れなくても、ギュウギュウに潰されることはほぼない。天気のいい日は電車の中にまで太陽の光が差し込んで来る。。地下鉄の中のどんよりさがないことは精神的にもいい。そしてバスでのんびり30分、まだ見慣れない風景を新鮮な気持ちで眺めながら会社へ行く。おかげで少しずつ早く家を出られるようになってきた。たまに寝坊してかなり遅くなることもあるが…。
 それから、経路を変えたことによって寄り道が減った。バス途中下車しても何もないし、電車も大きい駅がないから寄り道スポットが極端に減った。無駄にお金を使うのも防げているような気がする。気のせいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

教える事、教わる事

 最近ある中学校の吹奏楽部のサックスパートを教えている。教えているというより、一緒に練習している。まだその中学校には2回しか行っていないが、とても楽しい。目の前で「わかんない、吹けない」が「わかった!吹けた!」に変わるのだ。こんな嬉しいことはない。私は教えるプロではないから(もちろん吹くプロでもない)、言う事に何の説得力もないはずなのだが、持てる知識フル回転で一生懸命にやる。そして言いたいことが伝わるととても嬉しい。
 それから、教えることが自分にとってもプラスになることが多いということも嬉しい。こういう感じで学校の吹奏楽指導のアシスタントみたいのを過去2回経験しているが、その度に自分自身の勉強になっていた。指導するなら自分もきちんとできてないとならない。近頃あまり熱心に練習してない私にとってはいいきっかけだ。目標ができるとやっぱり違う。
 私はフラジオ(ハーモニクス、本来の運指にはない高音域)ができない。どうすれば出る、という知識はあっても、音が鳴らない。前に教えた中学生にフラジオの吹き方を言葉で説明し、運指表を見せたところ、一週間後練習を見たときには普通にできるようになってた。私はサックス(というか楽器)に向いてないんだなぁ、とつくづく思った。
 そして、先日も楽譜にフラジオの音域が出ていて(譜面間違ってない?とか思ったよ…)、私もそれを吹いてみせたわけだが…たまたまフラジオが出た。自分でもびっくりした。人間、追い込まれれば何でもできるんじゃね? といい意味で開き直れた瞬間だった。もちろん今までの積み重ねがあっての上で、ということだけど。

 しかし、本当に私なんかが中学生に楽器を教えていていいんだろうか…。他の楽器の講師の方はきちんとした音大を出てプロとしてやってる人ばっかり。素人は私1人だけ! 保護者の人から苦情が来ないかビクビクしてしまう今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

何か足りない!

先日Macがグッバイしたので今再インストールをしている。
20041123_1934_0000.jpg
なんですか、「大切な情」って? 「インストールの種」って…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/22

グッバイ・マイ・iBook

 先週iBookが突然起動しなくなり、もう1台のMacを使ってネットで解決法を調べたり、アップルの電話サポートに電話したり、いろいろと手を尽くしたが、iBookは復活しなかった。
 去年末、ディスプレイが壊れて修理に出す時「これからはバックアップを取ろう」と思ったのに、あの時運良くデータが消えなかった為、なんだ大丈夫じゃん、とか甘いことを考えてしまい、あれからずっとバックアップを取ってなかった。バックアップなんて基本中の基本だ。なくなって困るデータは全部別の場所に保存するのなんて当たり前…。
 いつかやろう、そして先延ばしすること1年。とうとうiBookは起動しなくなり、OS XのインストールCDで起動できてもHDはマウントされない。FireWireで持っている他のMacと接続を試みるもiBookは認識されず。古いNortonのCDでなんとか起動しHDの中身を確認することができた。しかしこの状態ではMOは認識しないし、ネットも繋がらない。ファイルが見えるのに何も出来ない状況にもどかしさを覚えた。
 USBメモリだったら、ドライバもいらないから使えるんじゃないかと思って、実践してみた。USBメモリはすぐに認識された。しかし私の持っているのは128MB、本当に少しずつのバックアップだった。しかし、一番残しておきたかったメールのデータだけはどうしてもUSBメモリにコピーすることはできなかった。エラーを起こしてコピーが止まってしまうのだった。
 友達とのメールのやりとりなんて、口頭の会話とたいして変わるものではない。おしゃべりだってその場限りのもので記録に残るものではない(録音とかしなきゃね)。でもメールは文字として残る。たまに昔のメールを遡って読んでみると、あぁそういえばそんなことあったな、とか思い出に耽る事ができる。思い出の入口の鍵としての役割もあったわけだ。
 そして、およそ2年間の思い出が、ここに封印されることになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/19

若さ、若さって何だ~?

朝、電車の中で俺のそばに座っていた女子高生が「人生に疲れた!もう十分に生きたし。30過ぎたら人生終わりだもんね、だから今頑張るしかないよね」とかなりでかい声で話していた。
頑張るのはいいことだけど、君らは自分が30過ぎたらどうするのかね、と疑問に思った。皆平等に歳をとるのだから、その時々に合わせて頑張ればいいとは思わないんだろうか?
私が高校生の頃は自分が歳をとる、30歳で人生が終わるなんて考えもしなかった。未だ年齢に縛られて生き急ぐ意味がわからない。周りに「もっと焦ろ」と言われる27歳8ヶ月のある朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/18

アクセスカウンタ…

 仕事中にせっせとアクセスカウンタをつけてみたりした…。私は理解力のないおバカゆえ、どうしたらカウンタのスクリプトをコンテンツのところに貼付けるのかわからなかった…。何度も読んでいろいろ試行錯誤してようやくできた! みんなはこんなのすぐできちゃうんだろうなー…。
 マイリストで「リンクリスト」を作成して、URLやタイトルを入れずにメモ欄にスクリプトをペースト。マイリスト内の設定の中でメモ欄の表示をテキスト表示するにして、そんでココログのデザインのコンテンツでその作ったマイリストにチェックを入れ、並び方を変更し…。
 簡単なハズなのに、結構面倒。あちこちに飛びながら作業するのは頭のよろしくない私には酷でした。

 そして、家に帰ってからもウェブログいじろうと思ってiBookを起動させようとしたら、起動しない…。さらに何故か風呂も壊れてお湯が出ない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/17

カサカサ父さんのお気に入り

 私の父(55)は、脂性だった。私と同じく、顔や頭が脂っぽかった。しかし、寄る年波には勝てなかったのか、近頃は顔がカサカサしている。そして赤くブツブツした感じになってしまった。皮膚科に行ったら「最近ゴルフかなんか行って日焼けしたでしょう?」と言われてステロイド出されて終了だったのが不満だったらしく、解決方法を模索している。
 若い頃から脂性だったから、ずっとスッキリ脂の落とせる洗顔料を使ってきた。それを止めて、私を真似て無添加石けん洗顔を始めた。父のお気に入りはMASACO石けんのパチュリかユーカリコンフェッティ。顔の乾燥や痒みが和らいだと喜んでいた。そのうち、さらにその石けんで洗髪もするようになったが、クエン酸リンスのことを知らなかったらしく上手く洗えなくて困っていた。クエン酸入りリンスを教えてあげたら早速使ってくれて、「このリンスは不思議だ!」と驚いていた。やっぱり石けんシャンプーには酸性リンスは必要である。
 先日、某健康番組でビタミンACEで美肌…というのをやっていた。(父は毎週この手の番組を録画してくれて、後で家族で観る)
 父は番組中で紹介された「ヒッポファエ・オイル」が気になったらしい。ヒッポファエはないけどヒッポファンならあるよ、と父にWELEDAヒッポファンエリキシール(健康飲料)とヒッポファンミルクローションを見せたら興味を示したようで、あれから毎晩ミルクローションを顔に塗って寝ている。ボディ用だけど私も顔に使っているので多分大丈夫だとは思うんだが…。今のところ父はWELEDAヒッポファンミルクローションのミカンみたいな香りに萌えてるし、日に日に顔がツヤツヤしてきたことに感激しているようなので良いとしよう。
 もしかしたら父は脂漏性皮膚炎かもしれない。その場合は純石けん洗顔や石けんシャンプーは良くないらしいので、もし脂漏性皮膚炎で悩んでいてもこの方法は真似しないほうがいいでしょう。

 ちなみにWELEDAのヒッポファンとテレビで紹介されたヒッポファエは同じ物なのだろうか? ちょっと調べてみた。
学名:Hippophae rhamnoides (L.)
和名:ウミクロウメモドキ、スナヂグミ
グミ科ヒッポファエ属
別名:Sea Buckthorn(シーバクソン)、Sanddron、沙棘(サジー)、ゴールデンベリー、シーベリー、Tyrni…
(検索してひっかかった情報のため、正しいかどうかは不明…ご了承下さい)

 とりあえずWELEDAのヒッポファンミルクローションには成分にはウミクロウメモドキと書いてある。WELEDAでは他にボディ用のオイル、ハンドクリームがある。オーブリーにも確かシーバクソンの名で基礎化粧品のシリーズが出ている。テレビ放映後、生活の木を通りかかったら「ヒッポファエオイル予約販売」とか書いてあった。値段等は忘れたが…少量で高めだったような。他のオイルで薄めるので少なくてもいいのかな。

WELEDA ヒッポファン ハンドクリーム
WELEDA ヒッポファン ハンドクリーム

WELEDA ヒッポファン ミルクローション
WELEDA ヒッポファン ミルクローション

WELEDA ヒッポファン オイル
WELEDA ヒッポファン オイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/15

まいたけ2

昨日採ってきたまいたけです。家に持って帰ったら親が喜んでくれました。しかもうまくすればまたまいたけが生えてくるらしい。父大喜び!…必ず生えてくるわけじゃないんだけどね。
20041115_0936_0001.jpg
今朝、起きたら早速母がバター醤油炒めにしてくれました。とてもおいしかったです。
実は採ってきたまいたけの写真を昨日のうちに撮っておこうと思ってたのに忘れていた。だからこの写真の裏側は食べてしまったのでもうありません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/14

まいたけ

楽団の人々と群馬まいたけセンターでまいたけ狩り(?)した。
こんなにまいたけがたくさん!
20041114_1120_0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/13

枕を新調!

昨日、ついに枕を購入してしまった。気のせいなのか、朝、すっごく良く寝た気がした。いつもならダラダラ昼まで寝てんだけど…妙にシャキっとした。枕を買ったという満足感のせいだろうか?
20041113_1149_0000.jpg


この枕はここに売ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/11

無印良品の栗スープ

 地元にある無印良品を通りかかったらおいしそうなお菓子が並んでいて、ついつい購入してしまった。季節限定、栗のお菓子! 本当にいい季節だ。
 今朝、早速そのうちの一つを食べた。「栗と芋のスープ」とかいうレトルトのやつ(正式名称は忘れた)。甘いのか? しょっぱいのか? パッケージ見ただけでは本当に謎のスープだ。袋を開けて、スープ皿に移す。パッケージの盛り付け例みたく具がゴロゴロ入ってるわけないだろ~と思ってたら、結構具だくさんだった。小さなサイコロ型のサツマイモやジャガイモと、あずきと、…甘栗? これって剥き甘栗じゃん…ってのが何個か入ってた。ラップをかけてレンジでチン♪する。さて、味は…レトルトらしいスープの味塩気あるけど、微妙な甘味もあった。そして澱粉が多いような食感。そりゃ栗とか芋とかあずきだから当たり前か。そして肝心の剥き栗の味は…あれっ、しねぇ…。甘くない…。これは甘栗じゃないのか…。
 だけど、こういう味のスープも結構好きなのでまた買ってしまうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/10

iPod miniとイヤホン

 電車の中でiPod(mini)を使っている人をよく見かける。白いイヤホンがとても印象的だから、すぐにわかる。確かにiPodのかわいい筐体には付属の白いイヤホンが良く似合う。だけど、ユーザーが多すぎる。ユニクロが流行した(?)時なんかに自分と同じ服着た人と擦れ違った時の恥ずかしさがある。
 ネットで調べてから秋葉原に足を運んだ。安くて評判の良いイヤホン、SENNHEISERのMX500を捜し求めた。しかし、MX500は青いイヤホンだった。色があまり好みでなかったので、他を回ってLAOXでMX500の隣に並んでいたMX400を購入。こちらは黒いイヤホンで、MX500と違って音量調節コントローラーがついていない。でも黒だからいいや、と思って買って帰った。
 正直、電車の中でくらいしか聴かないから音質がどうとか細かいことは気にしてないが、iPodの付属イヤホンよりもSENNHEISER-MX400のほうが音の立体感があるように思えた。気のせいかもしれないが、それぞれの楽器の距離感がわかるような気がする。金管楽器なんかはすごく音が飛んでくる感じ。
 しかし、このイヤホンはクラシック系向きではないらしいとか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/09

汚い話ですが

 父が過敏性腸症候群で、毎朝会社へ行くまで何度もトイレに行き、車でたった15分の道のりの間のトイレもちゃんと把握していて、会社でもまたトイレに行き…と毎日トイレとお友達になっている。そういう理由だからなのか、電車で移動するのは苦手らしい。トイレのない空間に長時間いるのは苦痛らしい。
 私はそこまでひどくないが、似たような状態だ。演奏会本番の朝は必ず下痢。1度で済まない為、家を出るのが遅れてしまう。ただでさえ朝起きるのも苦手なのに、トイレにまで時間を取られて…。緊張するとモロに腹に来るのは嫌だ。本番直前、舞台袖で待ってる時にもお腹がゴロゴロ言い出して、そのままトイレに行けずに舞台に上がることになる。この前なんて、どうしても本番前に出しておきたくて、トイレに篭っている間にベルが鳴ってしまって、慌てて舞台袖に行ったら入場が始まっていたことがあった。この時は手違いで本来の時間より早く始まってしまったんだったっけ…。
 普段の日はそんなに緊張して過ごしてない(仕事も…)為、そこまでひどいことにはならないのだが、でも食事をきっかけに腹痛を起こしてトイレに行くことは多い。そして微妙に下痢が多い。一日何度も出るので、おかげさまで擦り切れちまって痛い。
 子供の頃の林間学校とかで「食事中にトイレへ行くのはマナー違反」みたいに言われてたけど、かなり苦痛だった! 便意を我慢し、汗をかきながら、なんとか食事を詰め込む。そうなったら味なんてわかるわけもない。そして、我慢しすぎて…出なくなった…。腹が痛くて保健室で寝たきりになってしまった林間学校…。あれもいい思い出だったな…。
 最近、もう一つ便意を催すきっかけになるものを見つけた。ある人の「声」を聞くととたんに腹がゴロゴロ言い出すのだ。その人は長電話をしたがるのだが、私は途中でトイレに行かないと苦しくなってしまう。何故なんだろう?
 楽団でもみんなとお茶しながら、腹痛我慢して笑顔で会話していることがよくある。こんな時、便秘の人が羨ましくなる。…便秘の人も辛いんだろうけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

ホメオパシー日記 その4

以前書いた、英国のエインズワース社のホメオパシーキット。20041106_1349_0000.jpg
この小さいボトルの中に小さな砂糖玉が入っています。
私が最近よく使うのはSulphur。背中の湿疹とか消化器系の不調、痔にいいらしいので出番が多い。
どうやらこのレメディが合う人は「片づけが苦手」で「薄汚く見える」らしい。ハハ…そのまんまだ。

知らなかった。最近じゃケンコーコムにも売ってるらしい。
ホメオパシーホームセット 42本入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/05

栗'MAS

11月にもなりますと、世の中ではもうクリスマス商戦が始まってます。アクセサリー売場にはちらほらとカップルの姿が。彼女のプレゼント探しか、男性が一人でアクセサリーを見ている姿もある。羨ましい…。私もおねだりしたいですよ!
…って、アクセサリーなんかより今の季節は栗ですよ!
丸井の食品のフロアは、アクセサリー売場なんかよりキラキラ輝いていた! 旬の栗をふんだんに使ったケーキやタルト、バウムクーヘン、それに栗のジャム…。全部食べたい!
クリスマスおねだりよりも、今、栗のお菓子をおねだりしたい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロマで真剣に虫除け その5

 訪問者がどんなキーワードで検索してこのBLOGに辿り着いたのかがわかるのだが、その中で気になった検索フレーズがあった。「チークブラシ、白い虫」…気になって自分でもYahoo!で検索してみた。…このBLOGの1件だけがヒットした。残念ながらチークブラシにいる虫については書いていないのだが…。
 しかし、書いてないだけで実は私のチークブラシにも住んでいた。洗ってもまたやってくる。湧いてくるというより、どっかからやってくる。一体どこから…。小さくて白い虫。以前にも書いた、サックスのリードにたまについてるやつ。案外歩くのが速い。一見小さすぎて虫には見えない。チャタテムシの幼虫なのか、ダニなのか、ってところ。今度とっつかまえて虫眼鏡で観察してやろうと思う。
 虫なんて、どこでもいる。刺さない奴、見えない奴だったら別にいいんだ…。見えない類のものまで気にしていたら外にも出られないし、イスにも座れないし、畳の上に立ってもいられない…。
 チークブラシは普段、洗面所の棚に置いてある。多分…チークブラシだけじゃなくて、その辺り全体が汚いのだろう…。掃除をして、洗面所にゼラニウムの香りを漂わせてやる。これでもダメなら次の精油を試す!
 戦いはまだ始まってばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/04

リガチャー買ったよ。

 先日書いた通り、今まで使っていたリガチャーがぶっこわれたので、新たに買いました。
 形は同じだけど…ハリソンの模造品というか…復刻? リガチャーハウスのやつ。思ったよりも良かった。音の響きがいつもよりパワフルになった気が! その代わり、今までのとちょっと違うので音色のコントロールがまだ完全ではない。そのまま7日に本番か…。まぁ、割れたリガチャーで出るわけにも行かないから…。新たな気持ちでやるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

ホメオパシー日記 その3

 金曜日から微妙に風邪をひきはじめた。くしゃみから始まり、鼻水、熱と一気に症状がやってきた。再びホメオパシーを試す時が来た! とばかりに帰宅後すぐにレメディを摂ってみた。時間を置いて、アコナイト等を症状の変化に合わせて服用。土曜日には鼻詰まりはしていたけど熱もダルさもなく楽団の練習へ行けた。楽団へ行ったら風邪引きだらけだった…。今年の風邪は鼻に来るらしく、しかも長引くと聞いていたが今日には全快した。もしかしたらホメオパシーをとらなくても治ったのかもしれないけど…。とりあえず今元気だからいいとしよう。
 先日、母が「肩が痛い」と言うのでホメオパシーをあげたら、肩の痛みが軽くなったらしい。1回しかあげてないけど、本当に効いたんだろうか…?
 だんだんキットの中で「自分がよく使うレメディ」がわかってきた気がする。なくなったらニールズヤードで買おうかと思っている。この間、銀座のニールズヤードに行ってホメオパシーのことを聞いてみたら、店員さんが奥の棚からレメディを出してくれた。ずっと銀座には売ってないのかと思ってた。ニールズヤードにあるレメディはエインズワースので、ちょっと高いけど粒がたくさん入ってた。個人輸入も考えたけど、まだ初心者なのでしばらくは日本で買っとくことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/01

被害妄想?

 先日、あまりに私が普段からみすぼらしい格好をしていたから父にユニクロに連れて行かれた。4,900円くらいのコートを買ってもらった。試着して買ったのだが、Mじゃ全然小さすぎるし、Lでもボタンが閉まらなかった。表示にXLもあると書いてあったんだが、父が店員に聞いたけど「ない」と言われてしまった。私がいかに太っているのか思い知った気がした。確かに美容体型じゃないのはわかっているけど、そんなに太っているつもりはないのに…。仕方なくLサイズにした。
 今日、駅のエスカレーターで若い女の子2人とすれ違った。その時、彼女らは私を見て「ダっセ〜!」と言って笑った。もしかして、父に買ってもらったこのコートが似合わなかった? 着方を間違ってる? そう思ったら頭がカーっとしてしまった。一度そういうことがあるとすれ違う人全てが私の敵のように思えて来る。もうこのコートは着たくない!
 私は何をやってもダメ、人から悪く言われている…医者に訴えたこともある。医者は「被害妄想ですよ。人の発言の裏を考えないようにしなさい」と言った。道行く人に突然、ブスだのデブだのキモいだの叫ばれることも被害妄想なんですか? すれ違う人に「臭い」って言われたことも被害妄想ですかね? それとも幻聴? イヤホンで耳を塞いでいても聞こえて来る罵声に、なんて対処すればいいんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から

 今日からいろいろ新しくなったものがある。身近なものは新しいお札と運転中の携帯電話使用に罰則、のことくらいかな。今日、お金をATMでおろしてきたけど、残念ながら全部旧札だった。早く新札が見たい!
 携帯電話…私は免許は持っているが車もないし運転できないから私には関係がないかもしれない。せいぜい歩きながら携帯いじらないように…。あとは楽団の人間に電話をかけるとき、相手が運転中だったら困るなーと思う…。
 とりあえず、運転中は電話に出ないで、あとでかけ直してきて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »