« ホメオパシー日記 その4 | トップページ | iPod miniとイヤホン »

2004/11/09

汚い話ですが

 父が過敏性腸症候群で、毎朝会社へ行くまで何度もトイレに行き、車でたった15分の道のりの間のトイレもちゃんと把握していて、会社でもまたトイレに行き…と毎日トイレとお友達になっている。そういう理由だからなのか、電車で移動するのは苦手らしい。トイレのない空間に長時間いるのは苦痛らしい。
 私はそこまでひどくないが、似たような状態だ。演奏会本番の朝は必ず下痢。1度で済まない為、家を出るのが遅れてしまう。ただでさえ朝起きるのも苦手なのに、トイレにまで時間を取られて…。緊張するとモロに腹に来るのは嫌だ。本番直前、舞台袖で待ってる時にもお腹がゴロゴロ言い出して、そのままトイレに行けずに舞台に上がることになる。この前なんて、どうしても本番前に出しておきたくて、トイレに篭っている間にベルが鳴ってしまって、慌てて舞台袖に行ったら入場が始まっていたことがあった。この時は手違いで本来の時間より早く始まってしまったんだったっけ…。
 普段の日はそんなに緊張して過ごしてない(仕事も…)為、そこまでひどいことにはならないのだが、でも食事をきっかけに腹痛を起こしてトイレに行くことは多い。そして微妙に下痢が多い。一日何度も出るので、おかげさまで擦り切れちまって痛い。
 子供の頃の林間学校とかで「食事中にトイレへ行くのはマナー違反」みたいに言われてたけど、かなり苦痛だった! 便意を我慢し、汗をかきながら、なんとか食事を詰め込む。そうなったら味なんてわかるわけもない。そして、我慢しすぎて…出なくなった…。腹が痛くて保健室で寝たきりになってしまった林間学校…。あれもいい思い出だったな…。
 最近、もう一つ便意を催すきっかけになるものを見つけた。ある人の「声」を聞くととたんに腹がゴロゴロ言い出すのだ。その人は長電話をしたがるのだが、私は途中でトイレに行かないと苦しくなってしまう。何故なんだろう?
 楽団でもみんなとお茶しながら、腹痛我慢して笑顔で会話していることがよくある。こんな時、便秘の人が羨ましくなる。…便秘の人も辛いんだろうけどね…。

|

« ホメオパシー日記 その4 | トップページ | iPod miniとイヤホン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55374/1910123

この記事へのトラックバック一覧です: 汚い話ですが:

« ホメオパシー日記 その4 | トップページ | iPod miniとイヤホン »