« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004/12/28

ブログのことも忘れて

 しばらくパソコン触らないと、ブログのことをすっかり忘れてしまう。書きたいことあったようななかったような…。PDAにも日記をつけているのだが、ここ数日忘れているし…。
 年末調整もやり忘れ(もったいないことをした)。
 サックスアンサンブルでやる曲の編曲のこともすっかり忘れ。
 他にも忘れてることあるんだろうけど、それすら思い出せないよ。
 会社帰りに書類を郵送しようと思ったのに、それを忘れて家に帰るまでいくつポストをスルーしたか…。
 聴音は絶対音感がないから難しいのかもしれないけど、それでもなんとなく聞き取れるはずなのだが…音符を書き込む前に何の音が鳴ってたのか忘れてしまう。
 電話番号を聞いてメモするのにだって、鉛筆走らせる瞬間、数字の順序を忘れてしまう。
 人の名前を聞いたって、次の瞬間忘れてる。
 昔接客業やってたけど、本当に無理だったよ。一度席を離れたら次の時には自分が対応してたお客さんの名前も顔も覚えてないんだから!
 さすがに何度も会って話していれば覚えられるのだが、幼稚園、小学校、中学校、高校、短大と、卒業までにクラスの子全員の名前を覚えられなかったという過去もある…。あまり話さない子のことは覚えてないんだよ。小学校の担任にも「もの覚えが悪い、理解力がない」と通信簿に書かれてたっけ。
 会社の同じ部署でも、顔は見たことあるけど名前がわからない人がたくさんいる。
 ボケっていうか、…馬鹿なのか?

 通っているクリニックのカウンセリングで「全ての記憶が曖昧」という話をした。もしかしたら父からの「虐待」のせいかもしれないと言われてしまった。ストーブで火傷事件(以前のブログ参照)も母から聞いた話で、自分では覚えてないからだ。いろいろ躾と称しての虐待はあったらしいがどれも覚えてない。カウンセラー曰く、「怖かったことを忘れる為の自己防衛機能」らしい。昨日何してたとかがよく思い出せないのはそのせいである可能性があるそうだ。
 その割には今の私は嫌なこと引きずりすぎじゃないか…。

 最近、なんかの番組でやってた、にんにくのみじん切りをオリーブオイルに入れて湯銭した後のオリーブオイルを毎朝サラダにかけて食べてたけど、頭は良くならなかったよ。(アホエンという成分が記憶力とかよくするらしい。詳しくは検索で)
 これ試してる人、本当に効果あったのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/24

今日は前夜祭

 クリスマス・イブです。しかし、クリスマス本番は明日です。毎年思う、24日までだけ派手に盛り上がって、25日にはすっかり年末の風が吹いてるのはなんでだろうと。
 昨晩、家族(父母弟妹)で繁華街へ出かけましたが、どこ行っても人だらけ。家族で夕飯を食べようと思っても、どこの店も行列、結局ファミレスで落ち着きました。クリスマス前はどこもこんなもんなんでしょうか。
 世の中のカップルの皆様はこれからデートなんでしょう。「今日はクリスマス・イブだね。まさかみんなまっすぐ帰ったりしないよねー」なんて声も聞こえてきます。しかし、私は自宅に帰ります。私にとってクリスマスとは、前夜と当日2日連続で家でケーキを食べられる日でしかありません。
 人によっては「ひとりぼっちは恥ずかしいこと」と思うかもしれませんが、私は別にひとりぼっちではありません。家族もいるし、少ないながらよい友人たちもいます。それで十分だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

ハッピー・サックス・コンサート2004

 先週金曜日、私の師である小串俊寿氏の演奏会がありました。今はレッスンには通っていないので、この日くらいしか先生に会う機会がないのでとても楽しみにしていました。ここ3年は毎年聴きに行っています。今回が4回目かな? カッチリクラシック!という感じの演奏会ではありません。身近な曲のアレンジ物など、一般のお客さまでも楽しめるプログラムです。それから、ラテンパーカッションの横サマがとても愉快な方で、出てきただけで笑いが起こります。毎年聴きに来ていると、「パーカッションのセッティングをしますので…」とアナウンスがあるだけで笑えます。
 CDにも入っている「サンバ・フィエスタ」が演奏されましたが、今回はマツケン・サンバと暴れん坊将軍のテーマが曲中に登場しました。私はちょっとマツケン・サンバが好きなので嬉しかったです。
 演奏会終了後、小串先生にご挨拶をしました。今年も握手をしていただきました。「オヤジも頑張ってるだろ!?」とニッコリ笑ってました。私も、「来年も頑張ろう」という気になりました。「ハッピー・サックス・コンサート」という名のとおり、私を前向きにさせてくれる演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

ホメオパシー日記 その6

 さて、先日の「坐骨神経痛」らしき症状なのだが、自分にはハイペリカムが効いたようだ。人によってどれが効くか違うので、他の人にも効くわけではないようだ。ホメオパシーの力で痛くないのか、それとも他に痛みがない理由があるのかはわからない…だけどなんか嬉しいね。

 昨日は何故か夕方突然左手首が痛くなってしまったのだが(なんでかは不明)、WELEDAのアルニカマッサージオイルを塗っておいたらすっかり治ってしまった。筋肉痛にも効果があった。アルニカはホメオパシーのレメディにもあるけど、このオイルはホメオパシーを謳って販売してるわけじゃないんだけどね(WELEDAもホメオパシーに関係ある会社。レメディも作ってる。でも日本では売ってないようだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/14

また児童虐待ですか

 最近また多いですね、児童虐待。子供が悪いことをしたけど全然反省しないからってパンチくらわせるくらいじゃ虐待とは思わないのだが(虐待とか言う人もいるけど…)、やりすぎはさすがにいけないと思う。
 自分が子供の頃は、悪いことしたら親に殴られたり、押入れに閉じ込められたり、水頭から掛けられたり、寒い冬の日に家から追い出されたりとか普通にされてた。ある時には私があまりにストーブにかじりついてばかりいるので、父が怒って私の手を火に付けやけどさせた(らしい)。今の世の中だったら父の行為は児童虐待と言われただろう。でも、今思えばそれなりに自分に理由があってされたことだとわかるし、かなり手加減されていたこともわかる。
 あの当時まだうちは電気ストーブじゃなかったから、火のそばに近づきすぎたらいつか大火傷をしただろう。火は熱くて怖いものということを身をもって知った。物を「お金を出して買う」ということがよくわからなかった頃、店の物を勝手に持って帰ってきた時に父に殴られた。今考えれば当たり前だ。万引き、窃盗なのだから。
 悪いことをしたら殴られるから…というのはあまりよくない躾かもしれないけど、そういうことで自然に善悪の区別が身につくようになったのだと思う。それと同時に「痛み」がわかるようになれば、他人にその「痛み」を与えようとは思わなくなる。
 最近の子供たちは虐待で傷ついているか、完全に甘やかされているかの両極端なのか? 学校でも教師って弱くなったよな。生徒が酷いいたずらをしたから怒鳴ったのに、後日親から先生にクレームの電話があったりとかするらしい。親は「子供が先生からいじめられた」とか思うらしい。一体どんな親なんだ。子供がダメというより、そもそも親からしてダメじゃないか…。
 昔は先生って怖い存在だったのになぁ。校則違反には容赦なかったし…。オン・ザ・まゆげ(前髪は眉毛を越して伸ばしてはいけない)も流行ってたな。中学の時、先生に髪切られていた人いたし。今だったらその先生逮捕されてるね。
 とにかく、なんでも行き過ぎはよくない。適当、適度、ほどほどが良いと思うよ。

 虐待で子供が死んだ時、児童相談所が「対応が遅れて申し訳ございません」とか頭を下げている。でもさ、児童相談所が悪いんじゃないだろ、虐待死させた親が悪いんだろ…。そう思いながらテレビを観ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

ホメオパシー日記 その5

 ここ2ヶ月くらい前の話だが、座っていると脚がだんだん痛くなって座っていられない状態が1週間くらい続いていた。その時、ちょうど会社の椅子がフローリングで滑りやすいから足をふんばってないといけないとか、5階まで階段を1段抜かししながら昇ったりしてたからとかで、脚が疲れているだけだと思っていた。1段抜かしをやめたら脚の痛みはなくなってしまってすっかり忘れていた。
 ところがここ数週間、今度は椅子に座ると尾骨が痛い。しばらく座っていると慣れるのか痛みはなくなるのだが…。立ち上がってしばらくも痛む。これは数週間前に行った日帰り温泉(まいたけ取りに行った)で足漕ぎボートをひたすら漕いだせいなのだと思っていた。私は脚が短いから、ペダルに足が届かなかった為、無理な姿勢で30分も座っていたからだ。
 この症状を人に話したら「それは椎間板ヘルニアかもしれない」と言われてしまった。心配になってネットで調べてみたところ、椎間板ヘルニア・坐骨神経痛というのと同じだということがわかった。ますます心配になったので今度病院に行ってみようかと思った。
 私の推測…最近急激に体重増加→骨に負担→ヘルニアになる→脚の痛みや痺れ→足漕ぎボートを必死に漕ぐ→悪化…
 そんなわけで、病院に行く前にせっかくだからホメオパシーを試してみようと思う。というわけで昨日より以下のレメディを使ってみる。これらはエインズワースの42キットに含まれている。

・ルス・トックス
・カリ・ビク
・マグ・フォス
・ハイペリカム

 まず一昨日からルス・トックスを試している。これは「動き始めが痛く、動き回ると好転」の場合にいいようなので。効くといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/08

おかえり、iBook

 めんどくさがってあれから修理に出さずに放置していたiBookだが、ついに土曜日に修理出すことが決まった。日曜日の昼に運送屋が取りに来て、火曜日には修理されて戻ってきた。OSインストールが出来ない、ということでHD交換されたようだ。
 すでにHDの中身は消去してあるのでまぁいいのだが、起動画面に「ようこそ」の文字が現れた時は少し悲しくなった。「あなたは誰ですか?」と言われているかのようだ。あぁ、すっかり私のことなんて忘れてしまったのだね…。なんかのドラマかい…。
 そして復旧作業。バックアップは少ししか取れなかった為、完全に元通りにすることはできない。初期設定ファイルとか、バックアップすればよかった…と今ごろ反省。そんなわけでメールのパスワードを覚えてない為、未だメールが使えない。
 長らくCLIEとHotsyncしてなかったのでPalmDesktopもインストールしなおして、前の環境に戻そうといろいろファイルをコピーしたら、Hotsyncがエラーになっちゃってできなくて、何度もやりなおした。なんでだろう…と悩んだけど、ユーザーのPalmのフォルダを捨てたら直った。前のところからコピーしてきたファイルがダメだったのか…。
 あと困っているのはiPod miniの曲データ。iBookはまっさらになってしまったわけで…。なんとかiPodからiTunesに曲を戻したいのだが、これって著作権だかなんだかの関係でできないことになってるんだってね。逆転送ができるソフトを探していたのだが、iPodDownloadとかいうプラグインがあったらしい。しかしiTunes4.7ではそのプラグインは無効化されてしまったようだ。…えっ、さっき最新のiTunesにアップデートしちゃったよ!! CDから全部また入れなおしですか!? Appleの意地悪…! でも、最近iPodDownloadはバージョン1.1になって、iTunes4.7にも対応したらしい。しかしまだやってみてないので使えるかどうかは…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/07

アロマで真剣に虫除け その6

 あれから1ヶ月、最近チークブラシに奴の姿はない。棚にフェンネルの精油を撒いたからかもしれないし、あの後買ったWELEDAの日焼け止めの匂いのせいかもしれない。とにかくあいつらは最近現れない。
 それから、楽器ケースにたまに奴をぽつりぽつり見かけたので、くすのき防虫剤をケースに入れておいた。カンファー臭でやられてしまえよ! と思って。これも良かったみたいで、奴らはいなくなった。…死んだのか、どっか引越したのか…。
 今度またヒノキやクスノキで作った防虫袋を買ってきていろんなところで試してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

トンガラぴー激辛(スゴ辛)

ピーナッツより唐辛子のほうが多い…。でも後引くウマさ!寒いはずなのにこれ食ったらポカポカしてきます。だけど食べ過ぎて翌日お腹痛くなった。
20041201_1236_0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »