« めざましどけい壊しちゃった | トップページ | 脱ブス不能(ヘア編) »

2005/03/11

脱ブス不能(メイク編)

容姿が先か、心が先か
心の醜さが容姿にあらわれる。本当にそうだろうか。確かにイライラして眉根を寄せてるとそのうちそんな顔になっちゃいそうだけど…。でも、詐欺師とかって「いい人」っぽく見えるからみんな騙されるんじゃないか。見るからに怪しい人のことは信じないでしょう。ということは顔の醜い人を見ると警戒心が働くのは当たり前なんだろう…。
いや…私だって顔変えられるもんなら変えたいです。
当然親は整形なんてダメって言います。容姿を否定するということは親の遺伝子を否定することだから当然だろうな…。

父はこう言った。
「プロにメイクしてもらえれば欠点をカバーできるんじゃないか」と。

実は、化粧品店でやってたメイク教室に通ったこともあるのだ。プロのメイクさんがメイクの技を教えてくれたり、メイクをしてくれた。その先生はちょっと困った顔をして「いかがですか?」。でもブスはブスのままだった。プロの腕をもってしても美しくはなれなかった。プロのメイクを塗ったまま帰宅した。家族には「その化粧変!」と笑われた。

目は細いというより、瞼が厚ぼったくて瞳に影がかかる。目を開けるとアイシャドウもアイラインもマスカラも台無し。口紅は、もとの唇の赤さを消して塗ったから何か「変」。なんだろう、この顔のバランスの悪さは…。犯罪者顔ってこう言うの言うんだな、と思った。

|

« めざましどけい壊しちゃった | トップページ | 脱ブス不能(ヘア編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55374/3257948

この記事へのトラックバック一覧です: 脱ブス不能(メイク編):

« めざましどけい壊しちゃった | トップページ | 脱ブス不能(ヘア編) »