« 実は少子化なんてウソ? | トップページ | 今さら、のまネコ »

2005/09/12

ただのサックス吹き

先ほどの記事にも書いたけど、昨日は前にいた楽団に挨拶に行って来た。ついでに一緒に楽器を吹いて来たけど、前に思ったほど「ひどい」とは思わなかった。上手ではないけど、前よりもずっと進歩してた。

久しぶりにサックスの仲間達と一緒に吹けて楽しかった。
でも、隣で吹いてたアルトの人に「なんだ、そんじょそこらのサックスの音しかしなくなっちゃったね(プ」って言われた。ズマさんの音じゃないよ、って言われた。
確かに新しいバンドでは直接的な音量を求められる。輪郭のはっきりした音が好まれる。
でも私の求めてたものはもっと繊細な音色だった。
久しぶりに「サックスのいい音」とは何かを考えさせられた。
前のバンドのアルト吹きの音は、私にとってはとてもいい音なのだ。昨日は一緒に吹いていて「私の音はなんて安っぽいんだろう」と思った。前はお互いによく響きあってたのに。
直接的な音量でなく、響きで音量を作るべきなのだ。それは大編成バンドでは通用しないことなのだけど。

あっちで言う「いい音」と、こっちで言う「いい音」は違う。
使い分けられなければならない。
新しいマウスピースでは自分の思う「いい音」が出ない。自分の思いや考えを曲げてまでセッティングを変えるべきではなかったのだろうか。それとも、このマウスピースでもじきに慣れて「いい音」が出せるようになるのだろうか。

|

« 実は少子化なんてウソ? | トップページ | 今さら、のまネコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55374/5908001

この記事へのトラックバック一覧です: ただのサックス吹き:

« 実は少子化なんてウソ? | トップページ | 今さら、のまネコ »