« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/27

めいちゃんFlash

めいちゃんがいなくなって2週間。
思い出すと少し涙ぐんでしまう。

学校ではフラッシュでアニメーションを作成している。
私はそういうので絵を描くのが好きみたいだ。

課題で動物アニメーションを作るのがあったので私はめいちゃんを作った。
模様が複雑で、とてもじゃないけど正確には思い出せなかった。
私はめいちゃんを思いながらめいちゃんを作った。
ぎこちないけど、歩くめいちゃんができた。

もっとめいちゃんの写真を撮っておけば良かった。
めいちゃんを絵に描いてあげたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

雪降った後

土曜日に降った雪のおかげで路面凍結してました。車道はすっかり乾いているのに、歩道や自動車の通らない細い道は雪が残っていた。朝の忙しい時に、「そっと」歩かなければならないのはつらい。…まぁ、いつもより早く家を出れば済む話なのだが…。

久しぶりの雪景色を、めいちゃんにも見せたかったな。
母が庭から雪を持ってきてめいちゃんの骨壷に向かって見せてあげていた。
めいちゃんがいないことに慣れてしまうのが怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

一週間前には

あれから毎日のように「先週の今日、こうすればよかった」と落ち込んだ。
先週の今日、お見舞いに行ったっけ。帰りたがっていためいちゃんを励まして、入院させた。ずっと元気がなかっためいちゃんが、久しぶりに目を見開いてかわいい顔と声で「帰りたい」と訴えていた。
なんであの時、連れて帰らなかったのか。

めいちゃんがいなくなったことを受け止めないことで精神状態を落ち着けている。
でも、家に帰れば「めいちゃんはいない」。家族が一人減ったような、テレビがついていてもガラーンとしたような。「存在がなくなった」ことを思い知らされる。
毎日家にいる母は、私以上に悲しんでいる。

もう二度と帰ってこない。
めいちゃんの代わりはどこにもいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

虹の橋で待ってる

昨日、めいちゃんのお葬式をした。生きているようなその姿を見るのは最後になった。火葬され、お骨になった。
めいちゃんと一緒に育った妹はひどく悲しんだ。

今の私は悲しむよりも、めいちゃんに申し訳ないという気持ちでいっぱいだ。
私にできることをしなかったために彼女を死なせてしまったからだ。見殺しにしてしまったのと同じだからだ。
入院させている時、「私は元気だから早く家に帰りたい!」とでも言うように懸命に鳴いていた。すぐに引き取ってくればよかった。「退院したらこんなご飯を食べさせてあげたいって」いろいろ調べたりしてる場合じゃなかった。
どんなに言い訳しても慰められても、めいちゃんにとって「知らないところに置き去りにされて、苦しんで死んだ」事実は変わらない。思っても祈っても、めいちゃんにはもう謝ることができない。後で「死んでも30分間は聴覚が機能している」ということを知ったが、あの時私はただ泣くしかできなかった。

入院させなければよかった、自信がなくてもホメオパシーをあげてみればよかった、もっと早く異変に気付くべきだった、食生活にもっと気を遣ってあげればよかった、もっと遊んであげればよかった。

昨日は朝からめいちゃんの写真を探して集めた。デジカメと携帯カメラの写真が80枚。全身が写っているものが少なく、いつもカメラを向けると逃げるので顔だけブレたりした写真ばかりだった。普通のカメラの写真も少ないながらあって、小さい妹と一緒に子猫のめいちゃんが写っている。

当たり前のようにそこにいつもいた。でもそれは当たり前のことではなかった。それは猫や犬だけじゃない。人間もそうだ。
命とは、時間のこと。めいちゃんは大切なことを教えてくれたと思う。

1週間前そこの座布団にいためいちゃんは、今日はもう壷の中にいる。
今にもテーブルの下で家族の足に擦り寄ってくるような気がしている。
年末に買ってきてばかりのめいちゃんの座布団が、もういない持ち主を待っている。

火葬してくれたところの待合室に、「天国への橋」という本が置いてあった。ペットは亡くなると天国の手前にある虹でできた橋へ行くらしい。ネットでも「虹の橋」で検索してみたらその詩を読むことができる。(こちらで読めます
本当に虹の橋で待ってるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/13

星になってしまった

mei051022 ご飯を食べなくなって1週間経とうとしていた今日、めいちゃんが虹の向こうに旅立った。
血液検査の結果が非常に悪く、自発的に食事ができない状態のため昨日入院して点滴をしていた。入院した夜、学校の帰りに「健康にいい水」を持ってお見舞いに行った。涙を浮かべながらニャーニャーと鳴き続けるめいちゃんに「早く元気になっておうち帰ろうね」って言ったばかりだった。
今日も7時にお見舞いに行く予定だった。しかし、向かう途中で7時になってしまった。そして妹から電話が入る。「めいちゃんが亡くなったって…」
病院の中で、ひとりぼっちで逝ってしまった。知らない場所で、家族もいない場所で、寂しかったのだろうと思う。入院した時からずっとイヤイヤと言うようにずっと鳴き続けていたらしい。ストレスで死期を早めてしまったのかもしれない…通院して注射するだけでも良かったのかな…といろいろ後悔している。
最期、きっと私を恨んだかもしれない。知らないところに捨てられたと思っていたかもしれない。私は、めいちゃんが回復するかもしれないという希望を持って入院させた。でも、すべては遅すぎたのだった。

お見舞いの品に持って行った「健康にいい水」、めいちゃんは朝飲んでくれたそうだ。先生が気を遣ってそう言っただけなのかもしれないけど…
ペットボトルで渡しておいたので、余った水は今日持ち帰って来た。最期にめいちゃんが飲んだ水を、私も飲む。

さようなら、めいちゃん。今までありがとう。

(写真は、10月に妹の布団の上に乗っていたのを撮影したもの。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出産費用を無料にしたところで…

出産無料化を検討、少子対策で政府

 政府は12日、少子化対策の一環として、入院を含めた出産費用全額を国が負担する「出産無料化」制度導入の検討に着手した。

またYahoo!で見たニュースですが。
正直、出産費用が無料になるってだけで少子化に歯止めがかかるとは思えません。確かに出産にはお金がかかるんだろうし、無料になれば助かることでしょう。
しかし、出産費用を理由に結婚しなかったり子供を作らなかったりするわけではない…。
無料になったからって「よっしゃー!今晩がんばっちゃうぞー!」とかいう家庭はそう多くない…というか少ないんじゃないか。そして無料になったので「結婚してください!」ってプロポーズする人なんていないだろう。少なくとも私は出産費用が無料になったからといって結婚する機会もないんですが。

 政府の少子化対策は、〈1〉働く女性が出産後も社会復帰しやすい環境作り〈2〉出産や育児などの経済的負担の軽減――の2点が大きな柱となっている。出産無料化は、経済的負担軽減の目玉というべきもので、若年夫婦などが出産しやすい環境を整えるのが目的だ。

政府の人って本当にダメですね。
働く女性が出産後も社会復帰しやすい環境…
男も女も仕事大好きな人って少数です。出産後に「生きがいのために」仕事をするなんて人は少ないです。お金に余裕がないから働かざるを得ないだけです。子供が小さいうちは親がそばにいてくれたほうがいいです。働くなら、子供が思春期を越えたらでいいじゃないですか。社会復帰したい人はすればいい。
でもそれを国が「出産したらさっさと仕事をしなさい」と言ってしまうのはどうなのか?そこまで言ってないかもしれないけど、今でもすでにそういう風潮がある。専業主婦を馬鹿にする風潮が。
ちなみに私の母は専業主婦ですが、メディアでいわれている「主は暇。趣味三昧、ブランド三昧、お昼は主婦友と豪華ランチ」なんてことは全然やってません。仕事を度々辞めて長くニートしている私が言うのだから間違いない。

「お金のない若年夫婦」救済のための策というわけですが…さっきも述べましたが、「出産費用が無料だから子作りする」わけじゃないので、少子化は止まりません。
どうせやるんだったら「期間限定!1月1日から来年12月31日までに妊娠された方は出産費用全額無料!」のほうが効果あるんじゃないか?
だってみんな「期間限定」好きでしょ?

少子化の原因は未婚・晩婚。それをなんとかしなきゃ少子化は止まらない。政府はちゃんと未婚の人「全員」に「なんで結婚しないの?子供産まないの?どうしたら子供作る?」ってアンケートしてみたほうがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

めいちゃん入院

我が家の猫めいちゃんが入院することになりました。
血液検査の結果、やはり腎臓が相当悪くなっていて、入院の必要があると判断されました。
今日はずっと最悪のことばかりを考えてしまい、勉強に身が入らなかった。
早く体調の変化に気付いてあげられなかった私の責任だ。
ネットで病気について調べまくっているけど、もっと早く猫の健康について調べておくべきだったよ。
タイムマシンがあったなら、めいちゃんが若い時まで戻って、その時の私に教えてやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/11

風邪ひいたら休め

Yahoo!ニュースを見ていたら…

<新型インフルエンザ>満員電車の通勤が感染加速 試算

という記事があった。

 新型インフルエンザが出現した場合、満員電車での通勤が感染の広がりを速くし、患者数も増やすとのシミュレーション結果を11日、東京大生産技術研究所 と国立感染症研究所の研究者が共同で発表した。通勤電車の運行を停止すれば、感染者数が3割程度減るとの結果も出ており、発生時の対策をどうすべきかの参 考になりそうだ。

と書いてある。
日常生活であんなに人と接近する機会ってそうそうないです。電車の中でよく咳かけられたりします。風邪うつされたこともあります。
だからと言ってインフルエンザ発生時に電車を止めたら普通は困ると思うんですが。
まぁ、インフルエンザにかかってしまうよりはいいのかもしれませんが。

とりあえず、風邪ひいたら素直に休んでください。前の仕事場で誰かが具合が悪いのにがんばって仕事に来たおかげで、部署のほとんどの人が風邪でダウンしました。

ちなみに私も若かりし頃は、39度の熱が出ても会社に行っていました。
「風邪ひくやつは根性が足りない」とか言う人ばっかりの会社でした(前の前の会社)。
そんなこと言う人が多いから余計にインフルエンザが広まるんじゃないのかね…
休まれたら迷惑かもしれませんが、インフルエンザ持ち込まれたほうが迷惑だと思います。それでも根性を持ち出すならば、会社全員インフルエンザで苦しみながら仕事してて下さい。あ、根性があれば病気にならないんでしたっけ?

と、無職の私は思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

自分の名前を間違って

差出人:阿部<?@docomo.ne.jp>
題名:阿部よりご連絡さしあげます
送信日時:Sun 01/08/2006 00:10:22 JST
宛先:

久しぶりの迷惑メールネタ。

続きを読む "自分の名前を間違って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物病院連れてった

今朝はちゃんと早起きして、めいちゃんを病院に連れて行きました。
久しぶりに出る外。十何年ぶりかに乗る自動車。元気がないはずなのに不安なのか「ニャーニャー」と鳴きながらきょろきょろしていた。
病院でも落ち着きがない様子だった。前の患者さんがワンちゃんで、「見たことない生き物を見た!」とちょっと興奮気味のようだった。

今日は詳しい検査はしなかったが、「多分腎臓だね」と言われてでっかい栄養注射(?)を3本打たれた。1本目はじっとしていたが、2本目以降は力ない体で逃げようとしていた。
ついでに爪を切ってもらった。めいちゃんは爪を切られる(というか手を押さえられるのが嫌い?)なので、具合悪いのに暴れていた…。

明日また病院に連れて行く。また注射してもらったり、血液検査をする予定のようだ。改善されなければ入院かもしれないとのこと。
明日は私は学校なので、母が連れて行ってくれることになっている。

めいちゃんは帰って来てしばらくは元気がなかったが、夕方頃から自力でトイレに行ってみたり、トイレより遠いお風呂場に行ってニャーニャー言ってみたりと、ちょっと歩けるようになってきた。
まだ具合は悪いんだろうな。早くよくなるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

うちのめいちゃんが…

猫。めいちゃん、16歳のメス。
昨日の夕方から様子がおかしくなった。
ごはんも全く食べないし、水も飲まない。
トイレに行く時だけフラフラと歩く。
呼びかけても返事をしなくなった。

今日は動物病院へ連れて行こうと思って…寝坊した。
日曜日やってる病院を探すために昨日ネットで調べた。電話だけでもして問い合わせてみた。日曜も診察しているらしいというところにも電話したのだが、昼までだったので間に合わなかった。いくつか区内の病院にも電話したが、電話に出ない、現在使われておりません、うちは獣医じゃないんですけど…続出でヘコんだ。情報が古かったのか…。

何も飲まず食わずでは良くないので、ストローで水やミルクを与えたのだがイヤイヤをする。やっとの思いで水を口に流し込んでも、しばらくすると吐き出してしまった。

昼電話した時「明日の午前中もやってますから来て下さい」という病院があったので、明日こそめいちゃんを病院に連れて行く。

このまま衰弱していく姿を見ているのは辛い…
何かできることはないだろうか。
せっかくホメオパシーのレメディ持ってるのに、どれを使っていいかわからない。
今日は楽団を休んでしまった。家でちょっと楽器音出ししたけど、めいちゃんのことが気になって気になって、全く集中出来なかった。

私は動物が苦手だけど、16年以上一緒に暮らしためいちゃんのことは大好きだ。
おばあちゃん猫だからなのかな、と思っていたことが実は病気の前兆だったのかもしれない。
もっと早く具合が悪いことに気が付くべきだった…
元気になってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

今、学んでいること

このブログでは職業訓練のことでいろいろとお騒がせをしまして、私が何を勉強しに行っているのか書かずにおりました。
実はWebデザインの勉強しに行ってます。
しかし、今の所「テキストを読みながら自分で勉強できることしかやってない」。
ソフトの使い方とかは習わなくてもそれなりに使えるようになりそうなものなのだ。もっとデザインについて深く突っ込んだことやるのかと思っていたので、ちょっと期待外れだ。もしかしたら今後もっと詳しくやるのかもしれませんが…。

で、今は作品を作ってみたりしている。
FireworksとかDreamweaverを使って最初に作ったのは「南部鉄瓶」のサイト。これは課題で、画像とか文章は予め用意されていた。トップページだけをFireworksで作った。鉄瓶の写真をトレースして鉄瓶のイラストを作成してみたり。
作っていて思ったのだけど、南部鉄瓶 って本当に健康にいいとかで静かなブームになっているらしい。私も欲しくなった。
次に練習で料理のレシピのページを作る。好きな料理のレシピの紹介をするわけだ。私はその日のお昼に食べたキッシュ・ロレーヌのレシピのページを作った。
そうそう、学校の近く(?)にフランス惣菜屋さんがありまして。それがおいしくて印象に残っていたもので。味を思い出しながらキッシュの絵を作った。
昨日は好きな商品を4つ、トップページと商品紹介ページを作りなさいという課題が出たので、仮想のPDAショップのページを作りました。
Palm TX、Z22 、Tungsten E2、LifeDrive…趣味丸出し。熱心に居残りしてまでPDAのイラストを描いていた。
全体のデザインよりも、お絵書きにばかり時間をかけている気が…。

こうして何かを作成するのは本当に楽しい。でもこれじゃ一人でもできること。
それを学校でやるという意味はあるのか?
一応、あるとは思う。
他の人の作品を見ることができるというのも勉強のうちだ。
自分だけのセンスでは世界が狭い。
同じ「初心者」でもびっくりするくらいプロっぽい作品を作る人もいる。自分が思い付かなかったデザインを見るのは面白い。
負けず嫌いなので、上手い人がいると燃えます。よーし、もっとすごいの作ってやる!とか思います。でも、考え過ぎてまともに作れないんですが…。
そんな感じで、一緒に勉強する人がいるっていうのも悪くないなーと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixiはじめました。

ここで騒いでいたら情けをかけてくれる人がいて、私をmixiに招待してくださいました。
なんというか、恥ずかしい人だな…ズマという奴は。

mixiを始めたものの、あちらでも日記を書くのは面倒なので「書き物」は全部このブログで。

私は「日記」をCLIEで書いています。
「今日は学校だった。とても眠かった。北千住に寄り道した。夜は疲れたので早く寝た」という、どうでもいい日記を毎日。しかもその日には書き忘れ、次の日の夜に思い出しながら書いている始末。
それにブログをたまに書いて。まぁ、ブログでは日記というよりただのつぶやきであってその日のことを書いたりはしてはいないのだが。
それにmixiで日記書いたら、ブログもあまり書けなくなりそうだ。

というわけで、今後とも「ズマとみちくさ」をよろしくお願いします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/01/06

電車が止まって

朝、東武伊勢崎線がものすごく遅延していた。
人身事故だそうだ。
駅のホームは人で溢れている。階段付近ではもう並ぶ場所もないので、奥の方へ追いやられていった。
電車はたまに来る。しかし、満員で乗れない。小さい駅だし、出口に近くないからか、誰も降りないから誰も乗れるはずがない。
前の方に並んでいた数人が無理矢理乗って行った。すげー、勇者だ。と思った。
とりあえず電車が来てもほとんど乗れない状態だったり、しばらく電車が来なくなったり…。
この寒い朝に、50分も駅のホームで立ち尽くす。足も手も痛くなった。
自宅に連絡したら優しい父がJRの駅まで車で送ってくれた。
当然、学校には遅刻した。
3回目の遅刻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

寝正月

気がついたら2006年になっていた!
あけましておめでとうございます。

年末はいろんなところの忘年会に顔を出し、すっかりお財布の中身が寂しくなりました。
例年ですと、年末に近づくにつれて気分が滅入って忘年会などには参加できなかったんです。だから2005年はわりと元気に年末を越えられたみたいです。

そして昨日、元旦を迎えて…
年賀状4枚。
毎年減る枚数。
あけおめメールもなし。
相変わらず友達いない。

そしてネットやるの面倒だから携帯から投稿。
そんな2006年の寝正月。
今年もよろしくおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »