« めいちゃん入院 | トップページ | 星になってしまった »

2006/01/13

出産費用を無料にしたところで…

出産無料化を検討、少子対策で政府

 政府は12日、少子化対策の一環として、入院を含めた出産費用全額を国が負担する「出産無料化」制度導入の検討に着手した。

またYahoo!で見たニュースですが。
正直、出産費用が無料になるってだけで少子化に歯止めがかかるとは思えません。確かに出産にはお金がかかるんだろうし、無料になれば助かることでしょう。
しかし、出産費用を理由に結婚しなかったり子供を作らなかったりするわけではない…。
無料になったからって「よっしゃー!今晩がんばっちゃうぞー!」とかいう家庭はそう多くない…というか少ないんじゃないか。そして無料になったので「結婚してください!」ってプロポーズする人なんていないだろう。少なくとも私は出産費用が無料になったからといって結婚する機会もないんですが。

 政府の少子化対策は、〈1〉働く女性が出産後も社会復帰しやすい環境作り〈2〉出産や育児などの経済的負担の軽減――の2点が大きな柱となっている。出産無料化は、経済的負担軽減の目玉というべきもので、若年夫婦などが出産しやすい環境を整えるのが目的だ。

政府の人って本当にダメですね。
働く女性が出産後も社会復帰しやすい環境…
男も女も仕事大好きな人って少数です。出産後に「生きがいのために」仕事をするなんて人は少ないです。お金に余裕がないから働かざるを得ないだけです。子供が小さいうちは親がそばにいてくれたほうがいいです。働くなら、子供が思春期を越えたらでいいじゃないですか。社会復帰したい人はすればいい。
でもそれを国が「出産したらさっさと仕事をしなさい」と言ってしまうのはどうなのか?そこまで言ってないかもしれないけど、今でもすでにそういう風潮がある。専業主婦を馬鹿にする風潮が。
ちなみに私の母は専業主婦ですが、メディアでいわれている「主は暇。趣味三昧、ブランド三昧、お昼は主婦友と豪華ランチ」なんてことは全然やってません。仕事を度々辞めて長くニートしている私が言うのだから間違いない。

「お金のない若年夫婦」救済のための策というわけですが…さっきも述べましたが、「出産費用が無料だから子作りする」わけじゃないので、少子化は止まりません。
どうせやるんだったら「期間限定!1月1日から来年12月31日までに妊娠された方は出産費用全額無料!」のほうが効果あるんじゃないか?
だってみんな「期間限定」好きでしょ?

少子化の原因は未婚・晩婚。それをなんとかしなきゃ少子化は止まらない。政府はちゃんと未婚の人「全員」に「なんで結婚しないの?子供産まないの?どうしたら子供作る?」ってアンケートしてみたほうがいい。

|

« めいちゃん入院 | トップページ | 星になってしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55374/8138059

この記事へのトラックバック一覧です: 出産費用を無料にしたところで…:

« めいちゃん入院 | トップページ | 星になってしまった »