« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/22

遅刻…。

前職では、遅刻癖を理由に解雇されましたが、実は今も遅刻癖は治っていません。
毎日1分くらいの遅刻をしています。
今日も早起きしたのに20分くらい遅刻しそうです。
別に朝起きられないわけじゃない。準備の時間が長い。着る服はコーディネイト迷うほど持っていないし、化粧は適当だし、髪も一つに束ねるだけなのに、いったい何に時間がかかっているんだろう?と、自分でも思います。
毎日朝バタバタ急いで準備しているつもりなのに、親から「そんなにのんびりして大丈夫?」と言われます。
本人、のんびりしているつもりはありません。私の動きはスローなんでしょうか。
思い返せば、確かに意味のない行動をしていることもあるような気がします。

朝が忙しいのはみんな一緒。遅刻するのは甘えてる。
わかってます。でも、平気で遅刻しているわけじゃないです。
何故もっと早く家を出られなかったのか、と自己嫌悪に陥りながら、今仕事ヘ向かう電車に乗っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/20

朝、電車に乗り込むと席が空いていたのでさっそく座りました。
これで目的地まで楽チンだ。

と思ったら、膝の上に置いたカバン(黒)に、緑鮮やかな蛾のような虫がいらっしゃいました。
黒カバンに鱗粉ついてたからたぶん、蛾。

乗客の視線は一気にこの蛾に、いや、私に集中した。
居合わせた乗客の「電車の中で放し飼いにするなよ」と言いたげな視線に微妙な冷や汗をかきつつ、次の停車駅までじっとしました。
蛾よ、お前はどこから来たのか…どこから着いてきたのか…。
遅刻覚悟で電車を降りました。ホームで払えば、飛んでいくだろうと思った。
しかし、蛾は地面にぽとっと落ちてしまいました。
次の電車が来るまで見守っていました。
蛾よ、そこにいると踏み潰されるよ…
もう少しいい場所に落としてあげればよかったですね。
さよなら、蛾。

そして、今朝は1分遅刻(申告はしてないが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

続・抜け毛

相変わらず抜け毛が止まりません。
毎日、洗髪するのが怖いくらいです。
シャンプー変えてみたけど、変化がありません。もちろん、自然派で良さそうなやつです。
前にも書いたけど、割と健康的な生活を送っているほうだと思いますが…(積極的に不健康な生活をしていないだけ)

前回の記事を書いた時、ネットで「欲求不満でホルモンバランスが云々」という情報を見つけた。
確かに、私には彼氏はいません。だけど、別に欲求不満ではありません。そういうことはわりとどうでもいいからです。

恋人いらない、結婚したくないと言うと変な人だとか強がりだとか思われるので、面倒だから回りには「彼氏います」ということにしています。
「男に飢えている」と言われるのはなんか嫌です。(異性に飢えるという感覚がわからないのに)

ある情報によると、そういう生き方をしていると人より早く更年期障害が来るという噂です。
抜け毛はその前段階なのかもしれません。身長も1cm縮んだし。

生理不順も、毎日の鬱々も、疲れやすいのも、睡眠が浅いのも全部そのせいだったりして。
いや…それはみんな最初(?)からだ…
女性ホルモンが足らないのかも。女らしくするのが嫌いだったからかなぁ。
このまま中性になれるんだったら髪の毛なんてどうでもいいや。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/10

嗚呼、無能

仕事でつくったホームページがアップされました。

ところが。
Macでは表示が崩れていた…
テスト環境が職場にないので気付かなかったが、重大なミスをしていたことが発覚。

家のはMacなので、早速HTMLとCSSをコピーして修正。
なおったー!

公式ページでこんなことやっちゃークビだよー(泣)!!!!
早く来週にならないだろうか、こっそりUPしなおしたい…

自分、激しくWebの仕事に向いてない。
せっかくの初デザイン(というほどたいそうなものではない)なのにこんな大失態。
自分もMacユーザーなのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/03

出生率大幅低下

さて、2005年の合計特殊出生率がまた下がったわけですが。
別にいいんじゃないですか?少子化だって。今まで増え続けていたのがおかしいんだから。
こんな狭い日本、こんな小さい都市に集まって。
東京に生まれて東京で育って、それで親元で暮らしてる人に結婚しろ独立しろなんて言っても無理ですから。家なんて買えない、借りられない。だって金ない。それでもまだ人間増やそうと言うのか。増えればいいってもんでもないのに。

女性の社会進出が進めば子供が増えるとか、ありえない。子供預ける施設が増えれば増えるとか、ありえない。今子供がいる人が助かるってだけだと思う。
女の社会進出、結構なことです。結婚しないで生きて行くことが決まっている私にはありがたい。というか、前にも書いたけど女が社会に出ることは出会いを増やすことだからいいと思ってるし。
だけど、結婚して子供が産まれたら素直に会社辞めればいいと思ってる。これは働きながら子育てする母親から非難を浴びるだろうけど。子供が大きくなるまでは子育てに専念した方がいいと思う。ひと段落してからまた働けばいい。でも、職場復帰が難しいから子供できても仕事を辞められないんだろうな。そこの制度はちゃんとしてもらえるといいな、と思ってる。
働きながら子育てするのを悪だと言ってるんじゃない。夫だけの収入では生活できないから働く人もいるだろうし。
私が心配しているのは「女は子育てしながら働け」と言って、みんながみんな働くようになったら近所の「大人」がいなくなっちゃうこと。子供だって「大人の目」を気にして育ってる。それがなくなるのはいいことじゃないよ。だれだれちゃんのお母さん、というのも身近な大人だし。

で、最近国がお見合いパーティーをやるとかなんとか言ってるみたいだけど。
私は行かないね。お見合いのほうがお互いに条件高いでしょうに。好きになったら「アバタもエクボ」と思ってもらえるだろうけど、お見合いじゃアバタはアバタ、汚いだけだもん。それをわかってる人は参加しない。

国が開催したお見合いパーティーで惨敗したら、そりゃもう近所の人と顔も合わせられませんよ。

出会いがないから結婚しないわけじゃない。忙しくてもどこでも出会いはある。出会いはあるけど発展しないんだよ。相手の条件フィルターにひっかからないから。
結婚は好きな人とするものだと思ってるので、別に好きな人(片想い)がいるのにお見合い行って好きでもない人と結婚なんてしたくねーよ。
ブランド物にも興味なく、服にも興味なく、旅行嫌いで、エステも行かない私はお金のかからない良い嫁になりそうなんだが。
でも、実際モテるのは金かけてキレイにしてる人だからなー。

国のエライ人たちは2ちゃんねるの少子化スレでも見て来い。と、少子化のニュースを見る度に思うのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安月給

先週やっと1ヵ月分の給料がでました。
前回は日割りだったので少なかったのです。
給料そんなによくないのはわかっていたけれど…
通帳見てがっくりですよ。
職業訓練行って失業保険もらっていた時の金額と大差ねぇ!
派遣のほうが明らかに稼げてましたよ…。
新卒で最初の会社に入った時の初任給より低い。
派遣と違ってボーナスがあるから、と思って入社したけど、最初の夏はボーナスないに等しいから…冬までお財布も冬。
給料安い代わりに、仕事はほぼ定時で終わるけど(出向している間は残業不可)。このままでは楽器修理できません。楽器をオーバーホール出そうと思ってるのに…
フリーター・派遣より稼げない正社員…

正社員が安定した雇用なんてウソだ…
幸せな正社員なんてごく一部なんだろうな。エリートさんとか。
正直、派遣かフリーターになりたい!
将来の夢はニート。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »