« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/30

1割の中の人

ちょっとこのニュースから時間が経ってしまいましたが…。

結婚調査:女性9割「するつもり」も交際相手なし4割強
国立社会保障・人口問題研究所は22日、未婚の男女8734人から回答を得た「結婚と出産に関する全国調査」(05年6月)の結果をまとめた。82年の調 査開始以来、減り続けていた「いずれ結婚するつもり」という女性の割合が90%と初めて上昇に転じ、女性が希望する子どもの数も2.10人と前回調査 (02年)より0.07人増えた。ただ、男女とも「一生結婚するつもりはない」人の割合が過去最高となり、「交際している異性がいない」女性も過去最高の 44.7%に達するなど、理想と現実の間にズレがあることや意識の二分化をうかがわせた。

結婚するつもりもそんな相手もいない私が来ましたよ。
別に結婚そのものを否定するつもりは毛頭ないので、したい人はすればいいし、それで幸せならいいんじゃないかと思ってます。

続きを読む "1割の中の人"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/22

女性専用車両♪

また電車乗れなかったぞ!
今日は朝の目覚めもよく、6時には起床。
楽器あるので3分くらい早くお家出たんですが。いつもより電車のホーム到着時間早かった気が…
エスカレーター昇っていたら電車が来てしまった。
エスカレーターからすぐの車両は女性専用車両のため1両分走ったが…
隣の車両は(専用車両のせいで)人いっぱい。
楽器背負ってるので乗れなかった…。先の車両まで移動する間にドアは閉められてしまった。
今日も遅刻だよ、ママン。

時間に余裕がある時ほど、のんびりしすぎて遅刻してしまう不思議。

それとは別に、本気で女性専用車両は迷惑だと思う。
特にいつも利用している駅では同じように不便している男の人も多いだろう。
エスカレーター付近に女がだーっと並んでるだけで、先の車両まで行きにくい。
たまに反対署名もしてみたり。
まぁ当分なくならないだろうなぁ…利用者多いみたいだし。

電車が混んでいるのが悪いんだから、みんながもっと自由に出勤時間を選べたらいいのに。

…なんか毎回同じようなことしか書いてないな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/21

ハッピーサックス?

今日も練習でした。
今日もソプラノ持って行ったのに吹きませんでした。

出向先より戻る途中に楽器屋さんがあるので、またゴンザレスのリードを買いました。ソプラノのです。
今度は3半にしました。前回3 1/4は、吹きやすいけどなんかペラい気がしたので。

小串先生が新しいCD出したらしいので買おうと思っていたけど、そこには売ってなかった。残念。
給料日になったらまた買いに行こうっと。

小串先生…それは私の師匠(もう何年レッスン行ってないんだろう…)。
ハッピーサックス奏者として有名な小串先生に習っていたのに、私は根暗なサックス吹きになってしまいました。
音も性格も後ろ向き!

GONZALEZ RC ソプラノサックス用ハンドセレクト シングルカット10枚入り  小串バラッド/The OGUSHI's Ballad【サクソフォーン】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

かんざし

つい最近、アウトレットモール行って、そこに出ていたワゴンのお店で発見したんだ。
赤い丸いものがついているかんざしがかわいいと思って、つい買ってしまった。
お店の人はさも簡単そうに髪をまとめる実演をしていたが、自分でやってみると大変。
普通にできるようになるまで1週間くらいかかった。でもまだたまに髪がゆるんでしまったり。
私は和のものが好きなので、小物入れや手鏡も和柄。ついでにiPodケースも和柄。

ちなみにアウトレットモールではそのかんざし1本しか買ってない。
ブランド物とか興味ないから…
もっと雑貨屋とか多かったら良かったのに。
そして、カップルとファミリーばっかりで、えらく居心地が悪かった…。


姉妹(しまい)かんざし(雪)姉妹(しまい)かんざし(雪) かすう工房

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/15

だめだめ

最近は携帯メールでしかblog投稿していないので、コメント返事できなくてすみません。

さて、今朝も電車に間に合わなかったわけですが…
今日は早く出られると思っていたのですが。
出かける時間になると急にトイレ行きたくなったり、忘れ物思い出したり、だんだん出かける気が失せてきたり。
ここまで連続で遅刻するって…もうやる気ないってことで…
こっちから辞表出したほうがいいかな。
このままでは出向先に迷惑かかるし、本社の信用なくしてしまうよりは…

一番最初の会社をクビになったとき(形は自己都合になってるけど)、上司に「きみは社会人に向いてなかった。性格的に、今後も社会で仕事をしていくことは難しいだろう」と言われた。

…本当に難しかった…。

何をやってものんびりで…と小学校の成績表にまで書かれている。
本人はのんびりしているつもりないんだけど。
ぼんやりはしているような気がする…
幼少の頃から妄想の中で生きてきたっぽい。

引きこもりニートになりたい…
そう思うと、ニートの人たちを無理矢理社会に出すってひどいことだよね。
就職支援だとか、コミュニケーション訓練とか、ニート合宿とか、絶対やりたくない。
働くメリットってお金しかない。
働く楽しさって何さ。
どんなに仕事が暇でも、社会人として人とかかわるのがめんどくさいから会社行きたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

ピンチ

遅刻克服計画から1年以上経ちました。
先月まではわりと順調に(自己記録と比べて)通勤していましたが、今月入って雲行きが怪しくなってまいりました。
とうとう気力が尽きてきた。

先週金曜日、遅刻。
昨日、遅刻。
今日も遅刻しそうなので違うルートで行こうとしたのに、間違えていつもの駅で下車。
遅刻決定です。
以前に比べて朝はあまりつらくなくなった(当社比)ので(自分の中では)早起きしているんだけど。
起きる時間ではなくて、出かけるまでに何をするかなんだよね。
私はボーッとしている時間が長いらしい…

とにかく、なんかもう、時間に追われるのはいやだよ…
会社は3月末で辞めるし、もうどうでもよくなってきた。
好きなことをするのでさえ、朝夕問わずめんどくさい。
引きこもって妄想の世界で暮らしたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

音痴

私は音楽をやっているくせに音感がない。
音程が合っているかどうかの判定ができない。
正しくは、「当たり判定の基準がすごく緩い」。
音程の合っていない演奏と言うものを聴いても、そんなに下手に聞こえない。
よく考えるとお金のかからない耳だな。
ただし、音色はある程度聞き分けられるので、そういう面でうまい下手を感じることはできる。

私の音はまわりの音とよく馴染む音色らしい。
実はこれが音程の悪さをごまかしている。
…って思ってるのは自分だけで、実際は合ってないって注意されるんだけど。

音感は努力すれば良くなるとは言われるけど、子供の頃からピアノやっていて、短大受験前は歌も習って、短大では合唱もやって、それでもまわりから合ってない合ってないと言われ続けた。
辛うじて楽器の特性上悪い音程はわかっているので対処できる。
今でも音程のうねりとか聞こえない。
そんな私でも、極端に違えばさすがにわかる。
なのでもし私から音程を指摘されたらヤバいくらい合ってないと言うことだ。

私にとって音感なんて霊感みたいなもんだ。

ちなみに私は人前でカラオケ歌いません。
だって、自覚ないタイプの音痴だもん。
楽器以上にあさっての音で歌えちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

飲まないのに飲み会

私は酒が飲めない。
正しくは、飲めないのではなくて、いろんな意味でまずいから飲まない。
ビール、ワイン、日本酒はおいしくなかった。
アルコールっぽくないカクテルとかは飲める。
酔いが回るのが早い。
飲んでもコップ1/3。それだけで十分酔う。その辺で寝てしまう。
それ以上飲んだら精神的に落ち込む。まったく楽しくならない。ただでさえ飲み会時おとなしいのに、だんだんさらに無口になる。…だって食い縛ってないと…嘔吐するから。
迷惑極まりない。
だから飲まないことにした。
ようするに弱いだけなんだが。普通は弱いから飲まないと言えば無理強いされない。
でも仕事とかでそう言っちゃうと「鍛えれば飲めるようになる!」と言われて飲酒を強要されるので、仕事ではまったく飲めないことにしている。
酒飲めばみんな楽しくなるとか思ったら大間違いなんだよ。なんだよ、飲みニケーションって。
いい大人が飲んで騒いで…、一緒にいて恥ずかしかったよ。
理性保てるところでやめなさい…。
まぁそれだけ普段抑えててストレスためているんだろう。

お酒好きな人にとっては、演奏会後のビールがおいしいらしい。
よく聞くフレーズ「おいしいお酒を飲むために、がんばりましょう」
…お酒飲まない人は頑張らなくていいんですか?
次回からぜひ「おいしいご飯のために」を追加して言ってください。
飲み屋のご飯はおいしいところも多いので。

ちなみに、量を飲んだことがないので、二日酔いがどんなものか経験がない。

酒飲む人から見たら、酒飲めない人ってつまらない、って思ってるのかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »