« 飲まないのに飲み会 | トップページ | ピンチ »

2006/09/13

音痴

私は音楽をやっているくせに音感がない。
音程が合っているかどうかの判定ができない。
正しくは、「当たり判定の基準がすごく緩い」。
音程の合っていない演奏と言うものを聴いても、そんなに下手に聞こえない。
よく考えるとお金のかからない耳だな。
ただし、音色はある程度聞き分けられるので、そういう面でうまい下手を感じることはできる。

私の音はまわりの音とよく馴染む音色らしい。
実はこれが音程の悪さをごまかしている。
…って思ってるのは自分だけで、実際は合ってないって注意されるんだけど。

音感は努力すれば良くなるとは言われるけど、子供の頃からピアノやっていて、短大受験前は歌も習って、短大では合唱もやって、それでもまわりから合ってない合ってないと言われ続けた。
辛うじて楽器の特性上悪い音程はわかっているので対処できる。
今でも音程のうねりとか聞こえない。
そんな私でも、極端に違えばさすがにわかる。
なのでもし私から音程を指摘されたらヤバいくらい合ってないと言うことだ。

私にとって音感なんて霊感みたいなもんだ。

ちなみに私は人前でカラオケ歌いません。
だって、自覚ないタイプの音痴だもん。
楽器以上にあさっての音で歌えちゃう。

|

« 飲まないのに飲み会 | トップページ | ピンチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55374/11877581

この記事へのトラックバック一覧です: 音痴:

« 飲まないのに飲み会 | トップページ | ピンチ »