« そんな状態で本番 | トップページ | トラブル発生 »

2009/11/25

工夫次第でなんとかなりそう

矯正装置入った当日から3日間楽器を吹いてみて、とりあえず無理すればなんとかなるらしいとわかった。
装置やワイヤーで切れた唇の内側も、昨日一日休んだらすっかり治った。
昨日からご飯も普通に食べられる。
歯が浮く感じはあるものの、痛みはまったくない。

今日はとしかん練習。
ジョイントコンサートの練習で、向こうの団員さんも来ていた。

装置が当たるところにワックスを詰めて合奏に臨む。
ところが、吹いているうちにワイヤーにくっつけたワックスがそのワイヤーで切断。
「デデデデンデデデン」は地獄。
3曲通しが終わってすぐにワックス追加。
装置のまわりを埋め立ててやった!
そしたらだいぶ楽になった。
でも、毎回こんなにワックス使うのもったいない。
ワイヤーが太くなったらこの悩みも解消されるんだろうか。

確かに、矯正しながらは吹きにくい。
吹きはじめは前歯に軽い痛みもある。
装置付けて数日で変わるわけがないかもしれないけど、今日は楽器の構えの角度が変わった気がする。
装置のおかげか、「歯が滑る」と言う現象が減っているような気がする。

工夫すればなんとかなる。
矯正を理由に逃げたくない。

と、いいつつ、やっぱりソロはあっちの楽団の人がやってください…。
ドキドキして吹けないんで…。

たすけてー。

|

« そんな状態で本番 | トップページ | トラブル発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんな状態で本番 | トップページ | トラブル発生 »