ペット

2006/01/16

虹の橋で待ってる

昨日、めいちゃんのお葬式をした。生きているようなその姿を見るのは最後になった。火葬され、お骨になった。
めいちゃんと一緒に育った妹はひどく悲しんだ。

今の私は悲しむよりも、めいちゃんに申し訳ないという気持ちでいっぱいだ。
私にできることをしなかったために彼女を死なせてしまったからだ。見殺しにしてしまったのと同じだからだ。
入院させている時、「私は元気だから早く家に帰りたい!」とでも言うように懸命に鳴いていた。すぐに引き取ってくればよかった。「退院したらこんなご飯を食べさせてあげたいって」いろいろ調べたりしてる場合じゃなかった。
どんなに言い訳しても慰められても、めいちゃんにとって「知らないところに置き去りにされて、苦しんで死んだ」事実は変わらない。思っても祈っても、めいちゃんにはもう謝ることができない。後で「死んでも30分間は聴覚が機能している」ということを知ったが、あの時私はただ泣くしかできなかった。

入院させなければよかった、自信がなくてもホメオパシーをあげてみればよかった、もっと早く異変に気付くべきだった、食生活にもっと気を遣ってあげればよかった、もっと遊んであげればよかった。

昨日は朝からめいちゃんの写真を探して集めた。デジカメと携帯カメラの写真が80枚。全身が写っているものが少なく、いつもカメラを向けると逃げるので顔だけブレたりした写真ばかりだった。普通のカメラの写真も少ないながらあって、小さい妹と一緒に子猫のめいちゃんが写っている。

当たり前のようにそこにいつもいた。でもそれは当たり前のことではなかった。それは猫や犬だけじゃない。人間もそうだ。
命とは、時間のこと。めいちゃんは大切なことを教えてくれたと思う。

1週間前そこの座布団にいためいちゃんは、今日はもう壷の中にいる。
今にもテーブルの下で家族の足に擦り寄ってくるような気がしている。
年末に買ってきてばかりのめいちゃんの座布団が、もういない持ち主を待っている。

火葬してくれたところの待合室に、「天国への橋」という本が置いてあった。ペットは亡くなると天国の手前にある虹でできた橋へ行くらしい。ネットでも「虹の橋」で検索してみたらその詩を読むことができる。(こちらで読めます
本当に虹の橋で待ってるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/13

星になってしまった

mei051022 ご飯を食べなくなって1週間経とうとしていた今日、めいちゃんが虹の向こうに旅立った。
血液検査の結果が非常に悪く、自発的に食事ができない状態のため昨日入院して点滴をしていた。入院した夜、学校の帰りに「健康にいい水」を持ってお見舞いに行った。涙を浮かべながらニャーニャーと鳴き続けるめいちゃんに「早く元気になっておうち帰ろうね」って言ったばかりだった。
今日も7時にお見舞いに行く予定だった。しかし、向かう途中で7時になってしまった。そして妹から電話が入る。「めいちゃんが亡くなったって…」
病院の中で、ひとりぼっちで逝ってしまった。知らない場所で、家族もいない場所で、寂しかったのだろうと思う。入院した時からずっとイヤイヤと言うようにずっと鳴き続けていたらしい。ストレスで死期を早めてしまったのかもしれない…通院して注射するだけでも良かったのかな…といろいろ後悔している。
最期、きっと私を恨んだかもしれない。知らないところに捨てられたと思っていたかもしれない。私は、めいちゃんが回復するかもしれないという希望を持って入院させた。でも、すべては遅すぎたのだった。

お見舞いの品に持って行った「健康にいい水」、めいちゃんは朝飲んでくれたそうだ。先生が気を遣ってそう言っただけなのかもしれないけど…
ペットボトルで渡しておいたので、余った水は今日持ち帰って来た。最期にめいちゃんが飲んだ水を、私も飲む。

さようなら、めいちゃん。今までありがとう。

(写真は、10月に妹の布団の上に乗っていたのを撮影したもの。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/12

めいちゃん入院

我が家の猫めいちゃんが入院することになりました。
血液検査の結果、やはり腎臓が相当悪くなっていて、入院の必要があると判断されました。
今日はずっと最悪のことばかりを考えてしまい、勉強に身が入らなかった。
早く体調の変化に気付いてあげられなかった私の責任だ。
ネットで病気について調べまくっているけど、もっと早く猫の健康について調べておくべきだったよ。
タイムマシンがあったなら、めいちゃんが若い時まで戻って、その時の私に教えてやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

動物病院連れてった

今朝はちゃんと早起きして、めいちゃんを病院に連れて行きました。
久しぶりに出る外。十何年ぶりかに乗る自動車。元気がないはずなのに不安なのか「ニャーニャー」と鳴きながらきょろきょろしていた。
病院でも落ち着きがない様子だった。前の患者さんがワンちゃんで、「見たことない生き物を見た!」とちょっと興奮気味のようだった。

今日は詳しい検査はしなかったが、「多分腎臓だね」と言われてでっかい栄養注射(?)を3本打たれた。1本目はじっとしていたが、2本目以降は力ない体で逃げようとしていた。
ついでに爪を切ってもらった。めいちゃんは爪を切られる(というか手を押さえられるのが嫌い?)なので、具合悪いのに暴れていた…。

明日また病院に連れて行く。また注射してもらったり、血液検査をする予定のようだ。改善されなければ入院かもしれないとのこと。
明日は私は学校なので、母が連れて行ってくれることになっている。

めいちゃんは帰って来てしばらくは元気がなかったが、夕方頃から自力でトイレに行ってみたり、トイレより遠いお風呂場に行ってニャーニャー言ってみたりと、ちょっと歩けるようになってきた。
まだ具合は悪いんだろうな。早くよくなるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

うちのめいちゃんが…

猫。めいちゃん、16歳のメス。
昨日の夕方から様子がおかしくなった。
ごはんも全く食べないし、水も飲まない。
トイレに行く時だけフラフラと歩く。
呼びかけても返事をしなくなった。

今日は動物病院へ連れて行こうと思って…寝坊した。
日曜日やってる病院を探すために昨日ネットで調べた。電話だけでもして問い合わせてみた。日曜も診察しているらしいというところにも電話したのだが、昼までだったので間に合わなかった。いくつか区内の病院にも電話したが、電話に出ない、現在使われておりません、うちは獣医じゃないんですけど…続出でヘコんだ。情報が古かったのか…。

何も飲まず食わずでは良くないので、ストローで水やミルクを与えたのだがイヤイヤをする。やっとの思いで水を口に流し込んでも、しばらくすると吐き出してしまった。

昼電話した時「明日の午前中もやってますから来て下さい」という病院があったので、明日こそめいちゃんを病院に連れて行く。

このまま衰弱していく姿を見ているのは辛い…
何かできることはないだろうか。
せっかくホメオパシーのレメディ持ってるのに、どれを使っていいかわからない。
今日は楽団を休んでしまった。家でちょっと楽器音出ししたけど、めいちゃんのことが気になって気になって、全く集中出来なかった。

私は動物が苦手だけど、16年以上一緒に暮らしためいちゃんのことは大好きだ。
おばあちゃん猫だからなのかな、と思っていたことが実は病気の前兆だったのかもしれない。
もっと早く具合が悪いことに気が付くべきだった…
元気になってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

にゃんこ

うちの猫。もうおばーちゃん猫だ。それでもまだ「外に出たい」。いつも日当たりのいい窓辺に座って、ひなたぼっこをしながら外を眺める。外の世界にあるもの全てが羨ましい。生まれた時から15年も家猫。若い頃には何度も外への逃亡を謀った。脱出成功したこともあった。だけど、食べ物にはありつけないし、他の猫も人も怖かったからまた家に帰ってきてしまった。苦い思い出の、外の世界。それでも外への憧れはなくならない。
200502111045000.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)