ホメオパシー

2005/08/29

リードでできたレメディ?

いろんなものからホメオパシーのレメディは作られます。
ホメオパシーは「同種療法」と言われ、「似た症状を起こすものがその症状を癒すことができる」というものです。
200年くらい前、サミュエル・ハーネマンという人は、本を翻訳している時に「キナから抽出したキニーネは苦いのでマラリアに効く」という論文を見て「苦い他のものがマラリアに効かないのに何故?」と思いました。ハーネマンは自分でキニーネを服用してみました。すると不思議なことにマラリアのような症状が起こったのです…
ハーネマンは物質極微量になるまで希釈して毒性を弱め、ホメオパシーのレメディを作りました。
(適当に書いてますので、知りたい人はちゃんと本を買って読んで下さい)

そんなわけで、ぶ厚いホメオパシーのガイドブックを購入しました。

(こちらは新装普及版で、今年出たもの。実はこれより1000円高い古い版もある。一体何がどう新装普及版なのかはわかりません。)
カラーで写真も多く、320以上のレメディを取り上げています。
自分が持ってる本には載ってないレメディがたくさんありました。
カシューナッツのレメディ、とうがらしのレメディ、チョコレートのレメディ、生姜のレメディ…普通に食べるものがレメディになっているとは。
レメディを探して作った人はすごいと思いました。
しかも、驚いたのはそれだけではありませんでした。

続きを読む "リードでできたレメディ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/02

ホメオパシー日記 その7

 しばらく平気だと思っていた尾骨痛が戻ってきてしまった…。やっぱり数回飲んでもう平気!ということはないんだなぁ。そのうち病院へ行くとしよう。

 そういえば花粉症用ホメオパシーとフラワーエッセンスを続投してますが、今のところ花粉症は平気なようです。たまに鼻がくすぐったい気がするくらい。去年はFESのヤローエンバイロメンタルソリューションを使ってたのと花粉自体が少なかったようなのでなんともなかったんだけど、22歳(23直前だったかなぁ)の発症から毎年「かわいそう」と言われるくらい症状がひどかった。鼻水ズルズル、鼻詰まりで夜も眠れない、そして目を掻きむしりすぎてしわしわになっちゃったもんなぁ。

 まぁ、なんでもホメオパシー、フラワーエッセンスのおかげだと決め付けるのも良くないのでもう一つ今花粉症の症状が抑えられている原因がなんだか考えてみよう。

…まさか、寄生虫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

ホメオパシー日記 その6

 さて、先日の「坐骨神経痛」らしき症状なのだが、自分にはハイペリカムが効いたようだ。人によってどれが効くか違うので、他の人にも効くわけではないようだ。ホメオパシーの力で痛くないのか、それとも他に痛みがない理由があるのかはわからない…だけどなんか嬉しいね。

 昨日は何故か夕方突然左手首が痛くなってしまったのだが(なんでかは不明)、WELEDAのアルニカマッサージオイルを塗っておいたらすっかり治ってしまった。筋肉痛にも効果があった。アルニカはホメオパシーのレメディにもあるけど、このオイルはホメオパシーを謳って販売してるわけじゃないんだけどね(WELEDAもホメオパシーに関係ある会社。レメディも作ってる。でも日本では売ってないようだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

ホメオパシー日記 その5

 ここ2ヶ月くらい前の話だが、座っていると脚がだんだん痛くなって座っていられない状態が1週間くらい続いていた。その時、ちょうど会社の椅子がフローリングで滑りやすいから足をふんばってないといけないとか、5階まで階段を1段抜かししながら昇ったりしてたからとかで、脚が疲れているだけだと思っていた。1段抜かしをやめたら脚の痛みはなくなってしまってすっかり忘れていた。
 ところがここ数週間、今度は椅子に座ると尾骨が痛い。しばらく座っていると慣れるのか痛みはなくなるのだが…。立ち上がってしばらくも痛む。これは数週間前に行った日帰り温泉(まいたけ取りに行った)で足漕ぎボートをひたすら漕いだせいなのだと思っていた。私は脚が短いから、ペダルに足が届かなかった為、無理な姿勢で30分も座っていたからだ。
 この症状を人に話したら「それは椎間板ヘルニアかもしれない」と言われてしまった。心配になってネットで調べてみたところ、椎間板ヘルニア・坐骨神経痛というのと同じだということがわかった。ますます心配になったので今度病院に行ってみようかと思った。
 私の推測…最近急激に体重増加→骨に負担→ヘルニアになる→脚の痛みや痺れ→足漕ぎボートを必死に漕ぐ→悪化…
 そんなわけで、病院に行く前にせっかくだからホメオパシーを試してみようと思う。というわけで昨日より以下のレメディを使ってみる。これらはエインズワースの42キットに含まれている。

・ルス・トックス
・カリ・ビク
・マグ・フォス
・ハイペリカム

 まず一昨日からルス・トックスを試している。これは「動き始めが痛く、動き回ると好転」の場合にいいようなので。効くといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

ホメオパシー日記 その4

以前書いた、英国のエインズワース社のホメオパシーキット。20041106_1349_0000.jpg
この小さいボトルの中に小さな砂糖玉が入っています。
私が最近よく使うのはSulphur。背中の湿疹とか消化器系の不調、痔にいいらしいので出番が多い。
どうやらこのレメディが合う人は「片づけが苦手」で「薄汚く見える」らしい。ハハ…そのまんまだ。

知らなかった。最近じゃケンコーコムにも売ってるらしい。
ホメオパシーホームセット 42本入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

ホメオパシー日記 その3

 金曜日から微妙に風邪をひきはじめた。くしゃみから始まり、鼻水、熱と一気に症状がやってきた。再びホメオパシーを試す時が来た! とばかりに帰宅後すぐにレメディを摂ってみた。時間を置いて、アコナイト等を症状の変化に合わせて服用。土曜日には鼻詰まりはしていたけど熱もダルさもなく楽団の練習へ行けた。楽団へ行ったら風邪引きだらけだった…。今年の風邪は鼻に来るらしく、しかも長引くと聞いていたが今日には全快した。もしかしたらホメオパシーをとらなくても治ったのかもしれないけど…。とりあえず今元気だからいいとしよう。
 先日、母が「肩が痛い」と言うのでホメオパシーをあげたら、肩の痛みが軽くなったらしい。1回しかあげてないけど、本当に効いたんだろうか…?
 だんだんキットの中で「自分がよく使うレメディ」がわかってきた気がする。なくなったらニールズヤードで買おうかと思っている。この間、銀座のニールズヤードに行ってホメオパシーのことを聞いてみたら、店員さんが奥の棚からレメディを出してくれた。ずっと銀座には売ってないのかと思ってた。ニールズヤードにあるレメディはエインズワースので、ちょっと高いけど粒がたくさん入ってた。個人輸入も考えたけど、まだ初心者なのでしばらくは日本で買っとくことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/18

ホメオパシー日記 その2

 前回、痔でアルニカを使ってみたら、3回目のトイレでは大丈夫だった(一日何回も出るんだよ…)。しかし翌日また切れてしまい…(勢いがね…)、次はアルセン・アルブを摂ってみた。これもまた3回目には切れなかった。翌日も大丈夫。今のところ切れ癖はない。よかったよかった。
 他に治したいのは…やはり1日何度も出るうんこ…。こういう慢性的なものはちゃんとホメオパスに診てもらったほうがいいんだろうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/15

ホメオパシー日記 その1

 ホメオパシーとは「同種療法」のこと…らしい。健康な人が摂ると体調を悪くする物質を体調の悪い人に投与すると逆にその症状を治してしまうというものらしい。激しく薄めまくったその物質をラクトースに染み込ませたのがホメオパシーのレメディでいろんな種類がある。私も詳しくはよく知らないので、知りたい方はネットで検索したり1冊本を購入してみるのが良いと思う。
 以前からフラワーエッセンスを時々使っていたので「ホメオパシー」という言葉は知ってたが、実際に興味を持ったのはついこの間。横浜みなとみらいのニールズヤード(自然派化粧品など売ってるとこ)でホメオパシーのレメディが並んでいるのを見てからだ。
 興味を示すようになってからそれにハマるまでにはさほど時間はかからなかった。インターネットで英国王室御用達のエインズワース社から出ている42種類キットを買う。自分用の救急セットとして使おうと思いまして。普段、風邪くらいでは薬を飲まない…そして初期症状を放置して悪化、40度の熱または止まらない咳で病院送り…結局処方された薬を飲むことにという感じなもんで。まぁそんなのはたまにしかないけど。
 そんなわけで、自然治癒力スイッチをONにしてくれるホメオパシーが欲しかったわけだ。ところが、せっかくホメオパシーキットが届いても…私は特にその時体調が悪かったわけではないので使う機会がなかった。そんな今日、久々に来た。切れ痔です!! 朝急いで出かける前に勢い良くやっちまった。こりゃもうホメオパシーを使ってみるしかないと! アルニカというのを使ってみた。いつもだと切れ癖がついて1週間くらい続いてしまうのだが、今回はどうだろう。次回へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)